「大丈夫、大丈夫」っていっているけど、ぜんぜん大丈夫じゃない、って気づいてる?

花、黄色イメージ、ベゴニア つぶやき
スポンサーリンク

夫の実家に帰省したときのことです。

現在、親類のお嬢さんがケガをしておりまして、その経緯もだいたい夫から聞いております。

それはなんとかならなかったのかな、と感じることがあって。

なんだろう、と思って考えてみまするに、こんな感じのこと。

スポンサーリンク

大丈夫、大丈夫

花、黄色イメージ、ベゴニア

まあ、すごく、いい子なんですよ。

とてもよくできたお嬢さんなのです。

お勉強もできるし、お料理もできて、お部屋もスッキリ片づいているのだそうです。

とにかくそういう感じのお嬢さんで、だから、帰省中にお会いしたときもにこやかだったし、とても明るくふるまってらしたし、ケガをなさっているけれど「大丈夫、大丈夫」と部屋に入ってらしたんですよね。

でも、ほんとうは大丈夫じゃないと思うんですよ。

歩くたびに痛い、といっていたし。

両松葉づえで二次骨折がこわい状態で。

そんななかで新生活がスタートしたし。

まー、わたしからすると大丈夫じゃない状態だと思うのですが、そのお嬢さんは大丈夫大丈夫で、明るく。

もう、たらればの、どうしようもないことなんですけども。

そのお嬢さんのケガは、友人らと行ったスキーの初日に起こった事故でした。

救急医というのかな、その場で見てくれたお医者さんの見立てはヒビ。

それがまちがっていたわけなんですね。

あとになって、あれこれいうことはできるわけですし。

ただ、もし、そのお嬢さんが「死ぬほど痛かった」といっていたその痛みをそのまま友人に伝えていたら、スキーの初日といっても、帰ってきたと思うんですよね。

たとえば、大きな声で自分の痛みをうったえることができる人だったら、その後の経過がちがっただろう、と思うのです。

でもおそらく、そのお嬢さんは「大丈夫、大丈夫」って友人にいったんじゃないかなって。

死ぬほど痛いのをがまんして「大丈夫、大丈夫」って、笑顔で。

なんだか、そんな気がするんです。

そうでなかったら、友人だってケガ人を置いてスキーしないと思うんです。

そんなわけで、そのお嬢さんの「大丈夫、大丈夫」は、かなりヤバイ領域にまで達しているような気がするんです。

これが大丈夫だとしたら、どこで大丈夫じゃなくなるんだろう。

ということなんですけど。

まー、わたしにはなんともしようのないことで。

ただなんだか、そういうモヤモヤした気持ちを書いておきたくなったのです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました