日陰の時間に草むしりして、気がつけば1時間。

蝶イメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

夏まえに草むしりです。

草むしりに最適な時間帯は、庭部分がアパート自体の影に入っている朝の数時間です。

いまだったら、10時くらいまででしょうか。

ぎりぎりはじっこの方はまだ日陰だから、位置を変えながら、身体を日陰のなかに置きつつ、草むしりです。

アパートの1階、庭つきはたのしいけれど、草むしり活動が必須です。

スポンサーリンク

となりは空き部屋で、庭が草だらけで

蝶イメージ

ちなみに、今朝は空き室となっているとなり部屋の庭部分に侵入して、草を刈りました。

いま、お隣さんは空き部屋なので、草が伸び放題なのです。

もうガマンできなくて、わが家と面している部分の草を刈りました。

ねらったのは、タンポポっぽいブタナ(豚菜)です。

お隣の庭にはびこるブタナが、いままさにタンポポみたいな綿毛をつけています。

このまま放置しておけば、その綿毛がわが家の庭にも飛んでくるから!

種がまかれるまえに、草むしり

とりあえず、ネコジャラシ、カタバミなどの、いかにも種をまく気まんまんの雑草をまず抜きました。

梅雨のあいまの、土がしめってやわらかい状態は、草むしりに最適です。

また、この時期をのがすと、雑草がすごいいきおいで伸びます、伸びています。

この梅雨のおしめりが、植物を成長させているのだなァ、と感心します。

今朝は目立つ雑草と、ゆるせんと感じる雑草と、サザンカの枝をちょこちょこ剪定しました。

剪定、というほどの技術は持ちあわせていないのですが、しばらく放っておいたので、新緑も伸びてこんもりとしておりました。

マーガレットも、枯れた花をもっと早く切っておけば、あたらしい花がつぎつぎと大きく咲いたのではないか、と思ったり。

まとめてやろうと思わずに、日々すこしずつ、ですね。

今後の草むしりは、そのように。

雑草はいよいよ育ちよく、見逃せなくなってまいりました。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました