持ちものにも見直す時間が必要だということ。

SNSフォローボタン

こちらのブログに記事を書きはじめて2週間とすこし経ちます。

自分の家庭にあるものをわざわざ写真にとるという、自虐行為にも似た作業をしながら、自分の持ちものをあらためて見直しました。

テストにかぎらず、持ちものにも見直す時間が必要だと感じました。

スポンサーリンク

持ちものを見直して、あらためて考える

ポケモンマグ

服を減らしたい、と考えたときのことです。

わたしは手帳に手持ちの服を書きだしました。

書きだしながら、その服について思いついたことをメモしました。

すると、その服への不満、捨てる理由が出てきたのです。

おなじように、わたしは持ちものをならべ、写真にとり、画像として自分の持ちものをあらためて見直しました。

数かたち、ふだん使っている、つかっていない、汚れがある、傷がめだつ、というようなこと。

そのものの、なにかがひっかかって、使っていない理由。

好きなのに、なにかが合わなくて、使えない理由。

いつも素通りしていることが、見えてきました。

また、子供の成長には、ものの入れ替えがともないます。

というわけで娘の夏服、ぜんぶ捨てたよー

中1の娘が去年着ていた夏服は……、全捨てです。

1枚も。

もうあの子の身体では入らない。

ジーンズだけは、いまのところ入るけど、3ヶ月後には……どうなのー?

そして、洋服に無頓着な娘のために、今日、わたしが娘の夏服をまとめ買いしてきました。

わたしのー、1年分のー、洋服代超えてるから、ねー。

娘の部屋に、袋ごと(値札付き)置いておきました。

もう部屋にも入っちゃいけない、って……。

さみしくなるなる~。

ではまたー。

トップへ戻る