夫の実家における家族の人数、キュウリの本数。

SNSフォローボタン

夫の実家では、義母が野菜をつくっています。

とはいえ、義母の体調が思わしくないので、以前よりも作物は縮小しているのです。

そんな庭先の畑から、今年もキュウリがとどきました。

20本。

夫が帰省する朝に、夫自身がもいだキュウリです。

だいたい毎朝20本くらいキュウリがとれるのだそうです。

日によっては、まったくとれない日もあるのだそうですが。

スポンサーリンク

2人でキュウリ20本

きゅうりイメージ

夫の実家の家族数は、通常2人です。

義母と義兄の、2人です。

実家にいるあいだ、キュウリのノルマがきびしかった、と夫がいっていました。

食べ盛りの家族がいるわけでもなく、毎朝キュウリ20本。

そのほかに、もちろん、夏野菜の基本、ナス、トマト、プチトマトがあります。

わたしは夫が帰ってきた翌日に、ひたすら揚げナスの煮びたしをつくりました。

わたしがいちばんナスを消費できるメニューが、ナスの揚げびたしだからです。

子供2人はあてになりません。

そして、わたしの実家からも、キュウリとナスとカボチャがとどきました。

ダンボール箱の半分は、ジャガイモと玉ねぎです。

ジャガイモと玉ねぎについては、あとで考えます。

当面の目標は、キュウリとナスの消費です。

分割でとどくのならいいんだけどなー、と自分の都合ばかり考えてしまいます。

だって、冷蔵庫には入りません。

いま、わが家のキッチンにはダンボール箱が3個、床置きです。

いまの、食べものがあふれたキッチンの状況をなげいた私に、夫が、大型の冷凍庫があるのならべつだけどね、といいました。

夫の実家には大型の冷凍庫がありました。

数年前こわれたといって、中に入っていたものがぜんぶダメになった、という話でした。

数年前も、夫の実家の家族の人数は2人でした。

大型の冷凍庫には食べきれない野菜や、思いつきで買った菓子パンなどが入っていたみたいです。

わたしは嫁なので、中身を見たことはないですけども。

生活を縮小するのはむずかしいことです。

夫の実家には、かつて、祖父母と父母と子供、計7人が暮らしていました。

いまは2人、キュウリは毎日20本。

いくらなんでも多すぎます。

夫は実家に帰省しているあいだ、毎朝(といっても2日だけですが)キュウリをもいだそうです。

キュウリは夜のうちに大きくなるので、葉のかげにかくれたのを見落としたりすると、お店ではついぞ見ないような大きなキュウリになってしまうのです。

夏のキュウリはいそがしい。

ではまたー。

トップへ戻る