タオルぞうきんからマイクロファイバーに変えてみました。

SNSフォローボタン

ぞうきんといえばタオル地、そう考えていた40代主婦です。

でも、いまでは子供に持たせる学校用のぞうきんも買っています。

以前だったら、ぞうきんを買うなんて考えもしなかったのに、です。

それで、ふと、マイクロファイバーのぞうきんを買ってみました。

ダイソー商品です。

スポンサーリンク

マイクロファイバーはついた汚れが落ちやすい

ダイソー、マイクロファイバー雑巾

わたしがぞうきんをきらう理由は、まずついたよごれが落ちにくい点でした。

だから、使い捨てのウェスが好き。

その点、マイクロファイバーのぞうきんは、ついたよごれが落ちやすいです。

タオル地のぞうきんだったら、せっけんをつけてゴシゴシ洗っていたであろうと思われる汚れも、水洗いで落ちました。

あと、やっぱり、わかっていたけど、マイクロファイバーは乾きが早いです。

タオル地のぞうきんに比べたら、だんぜん早く乾きます。

手作りのぞうきんは、つい厚手に作ってしまって、なかなか乾きませんでした。

今回ダイソーで買ったマイクロファイバーのぞうきんは、思ったよりも厚みがあって、変にうすくないから使いやすいです。

それなりに厚みがあって、でもマイクロファイバーだから乾きやすい。

市販のワイパーにつけられるよ、というので、つけてみました。

これはわが家のクイックルワイパー本体。

ダイソー、マイクロファイバー雑巾

マイクロファイバーでいちばん気にしていたのが、以前その手のクロスを使っていて、ざらざらした感触があり、手のひらの水分を持っていかれているような、そんな感覚をいだいたことがあって気になっていました。

でも、買ってきたダイソーのマイクロファイバーぞうきんは、さわった感じそういうこともないから、大丈夫そうです。

もっとも、ゴム手袋をして掃除しろ、ということなのかもしれませんが。

年末に向けて、3セット(計9枚)買ってきました。

心配するほどビビッドカラー勢ぞろいではなかったので、色つきも買ってみました。

でも、基本はやっぱり白かなー。

白ぞうきんはやっぱり気持ちいいですよね。

ではまたー。

トップへ戻る