万が一のときのために買った服を処分しました。

SNSフォローボタン

かれこれ8年前に夫が会社を辞めました。

そのころに、もう何万もするコートは買えないかも、と思って買ったのが灰色のウールのコートでした。

いまにして思えば、カシミア買っておけ、ですよ。

そして、当時は体重が10キロ増えるなんて夢にも思わなかった、現在40代主婦であります。

スポンサーリンク

春でよかった、コートゼロ

桜並木イメージ

コート捨てるや、捨てざるや。

去年から悩みましたよ。

もう、限界なの。

ボタンが限界なの。

毛玉なの。

よく見ると、生地もすれているの。

それにしても、まー、よく着たし。

夫はあいかわらずだし。

なーんかもう、いいでしょ、と。

あたたかくなったし、もういいですよ。

つぎの冬のことなんて、知らんですよ。

どうしても寒くなったら、たぶんなにか買うだろ、未来の自分。

でもいまの自分がこのコートを取っておいたら、未来の自分はまたこのコートを着るんじゃないのかと思ったら、捨てることにした。

これ、万が一コートだったんですよ。

万が一、コートが買えない事態にるかもしれないから。

そう思って買ったコート。

かれこれ8年よ?

ま、いろいろあった。

思いもよらないこともあった、あった。

でも、思いもよらないことは、日々あるちゃあるし。

今回、春を目前にして、コートを捨てて、スカートを捨てました。

ついでにズボン2本も捨てました。

これで、コート0着、スカート0着です。

黒のフォーマルは残しました。

服に関しては、ストレートのオータムを念頭に、買い足していく予定です。

ではまたー。

トップへ戻る