結婚式の写真3枚を夫婦で話し合ってから、断捨離しました。

SNSフォローボタン

そういえば、3月に断捨離したモノのなかに、結婚式の写真がありました。

結婚式のビデオは、数年前の断捨離のときに処分しています。

デジタル化して、処分したわけではなくて、そのままポイです。

「見ないよねェ」「そうだね」と夫婦の意見が一致したので、断捨離できました。

そして、さらに捨てることができた結婚式の写真があります。

結婚式当日の写真だけど、これってわたしたちの結婚式の写真といえるのだろうか? と思ったので捨てました。バリッ。

スポンサーリンク

わたしたちの結婚式の写真なのに

古い写真イメージ

さて、捨てた結婚式の写真は3枚です。

いずれも結婚式場で撮ってもらった、台紙つきの写真です。

以前も、違和感をいだいたのですがー。

結婚式の写真といいつつ、その3枚にはわたしたち2人がならんだ写真がないのです。

結婚式当日の夫の家族写真2枚。

結婚式当日のわたしの家族写真1枚。

なぜか、その3枚がわが家に残されていました。

いらんよね?

われわれの結婚式の写真のはずなのに、若き日のわれら2人がならんでいない写真ですよ?

おかしいよね?

たぶん、新郎新婦がならんでいる写真をそれぞれの実家に送ったら、手元に残った写真がこうなったのではないかな。

もうよくおぼえてないけどもー。

いまさら、こんな写真が手元に残っていてもなァ。

そう思って、捨てました。

結婚式の写真として手元に残っているのは、結婚式場で作ってもらったアルバム1冊と、兄が撮った写真をまとめたアルバム1冊です。

これらはいまのところ手をつけずに残してあります。

実家の家族の写真を捨てたよ

あと、わたしの家族の写真も捨てました。

家族がそろっている写真は、母がわたしにくれたのです。

額に入ったA4サイズの写真です。

かつて、わたしはそれをガラクタだらけの部屋にかざっていました。

ガラクタだらけの部屋を片づけたとき、家族写真の額を捨てました。

それからは、家族写真を封筒のなかに入れていました。

今回「やっぱり、いらんなァ」と思って、その家族写真も捨てました。

なんというか、母親に押しつけられた感のある写真を捨てた、わけです。

気持ちでは、その写真をもう捨てていました。

だから、じっさいに捨てて、気持ちと行動がやっと一致したのです。

そういうことだ、と思います。

ではまたー。

トップへ戻る