こういう捨て活もありだと思います。

アトム切手 寄付
スポンサーリンク

捨てる、だけが捨て活ではありません。

わたしは捨て活のひとつとして、寄付をしています。

もともとは、ひたすら使用済み切手を送っていたのですが……。

 

捨て活すると決めてから、新婚旅行先の海外コインや、金額がはんぱで使いにくい未使用済み切手を送ったりしました。

でも、今回は本気です。

スポンサーリンク

全プレのテレカを捨て活

DSC03320_R

なつかしい全プレ……。

わたしが捨てられなかったもののひとつに、昔のりぼんのふろくがあって、だって、萩岩睦美でしょ、ポーでしょ、りぼん漫画家のプロフィールでしょ、空くんの手紙のうさぎのパスポートメモでしょ、捨てられるわけないじゃんッ。

でも、それ、とっておいてどうするの?

(むすめ……に……?)とか……、考え出す自分がおかしい、でも、捨てたくない、とうとう使えなかったくらい、あの頃のわたしが大事にしていたものなの、でも、もう……、その執着が、自分でもおかしい、へんな感じなのがわかって、それで、さようならしました。

 

 

さて今回は、全プレテレカを中心に、未使用切手です。

おもにシール式の切手です。

寄付用切手

ドラえもーん。

わたしは大事にしすぎてつかえないタイプ。

 

だから、娘には大事にどんどん使ってね、という。

自分とはちがう方向に進んでほしい、と願っております。

 

切手の捨て活はこのようなところにも……。

いや、ふつうに使っているだけですけど。

アトム切手

記念切手って、使おうとするとサイズが大きくて、使いにくいんですよね……。

捨て活と決めてから、記念切手だろうがなんだろうが、つぎつぎと使っています。

でも、なかなか使う機会がなくて、額面の大きい切手はゆうパックを利用することの多い、実家の両親にあげたりしました。

 

金券ショップで見てもらったら、「1万円分くらいあるし、買取だと2割減とかになっちゃうから、自分で使ったほうがいいですよー」といわれたことがあります。

たぶん、切手って、お店にとって売りにくいものなのだと思います……。

 

ということで、切手は地道に減らします。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました