近所のリサイクルショップに娘の服を持っていきました顛末記。

制服のリボンイメージ 子供のもの
スポンサーリンク

週末に、娘の服を近所のリサイクルショップへ持ち込みました。

小学校の卒業式につかっただけの、制服風プリーツスカートとローファーです。

ほかに、入学式と卒業式につかったリボン。

この3点を、近所のリサイクルショップに持ち込んだのです。

 

リサイクルショップに衣類を持ち込むのははじめてです。

いままでは、自分の服はもちろん息子のフォーマルウェアまでぜんぶゴミ袋に入れて捨てていました。

クリーニングに出す気持ちもなく、着たものをそのままリサイクルショップに持ち込みかー、と思うとちょっと気がひけました。

 

しかし、クリーニングに出すとなると、どう考えても赤字です。

今回は、数時間着用しただけのスカートだからゆるせ、ということでクリーニングなしで持ち込んでみました。

スポンサーリンク

リサイクルショップのきまりごと

制服のリボンイメージ

近所のリサイクルショップは、場所は知っていたものの、買取をお願いするのははじめてです。

でも、はじめから不安がありました。

高学年サイズの衣類の買取は、果たしてあるのだろうか?

というのも、店内は一見してベビー中心の品ぞろえだったのです。

 

案の定、衣類なら160cmまで、靴なら22㎝まで、とのことでした。

23㎝の靴、アウト。

スカートは、サイズがSML表記で、店員さんもこまっていたのですが。

100円で買い取っていただけました。わーい。チャリン

小物のリボンは30円です。チャリン

 

こ、これは、クリーニングに出してる場合じゃないですね。

手洗い?

でも、手間ひまかけて手洗いして、チャリンって買い取り。

と考えると、やっぱりゴミ袋に直接ポイ最強かなー、と思います。

100円で買い取ってくれたのも、某ブランドロゴがついていたからではないか、と。

あれがなかったら、断られていた気がします。

リサイクルショップではブランドロゴさまさまですよねー。

 

さて、今回お断りされた合皮ローファーは、ちょっと足をのばして、自転車に乗って別のリサイクルショップに持ち込んでみます。チャリン

娘のローファーを思うと、息子の黒の瞬足はすばらしい買物でしたな。

でも、なんちゃって制服にはローファーをはかせてあげたかったんですよー。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました