コタツをしまう時期が年々早まっています。

コタツの片づけ 捨て活
スポンサーリンク

実家にいた子供のころ、暖房といえばコタツでした。

実家のコタツは掘りゴタツ、炭や豆炭を使っていましたから、電気とは比べ物にならないあたたかさだったのです。

たまに火が立ちのぼるあぶないこともありましたがな。

しかし、わが家はもちろん電気ゴタツ。

しかも年々、いらないような気がするんですよね。

スポンサーリンク

コタツはリリンの生み出した文化の極みだよ

コタツの片づけ

コタツを捨て活したい。

年々、気持ちが強まっています。

しかし、わが家には強硬な反対派がいます。

夫です。

 

コタツ好きの夫は、気温の下がる6月までコタツを出していたいのです。

そのとおりにしていたら、いつまでたっても片づかないので、今年はもう片づけました。

コタツは人を堕落させます。

コタツには睡眠導入剤が仕込まれているとしか思えない。

 

夫も娘も、コタツに入ったとたんに眠ってしまう。

そんな姿を多々見ておりますので、先の冬、いちどもコタツに足を踏み入れなかった40代主婦です。

コタツにあたってしまうと、立ちあがる機会を失ってしまう。

実家の父は、すわると立ちあがるのがおっくうになるから、帰ってきたらすわらずに家事をするといっていました。

 

わたしもいつのまにか、すわらずに動くようになっていました。

買物から帰ってきても、片づけて、調理して、食べるときになって初めてすわる、ような。

こうして書いてみると、たいへん主婦っぽい動きです。

 

そういう身軽な動きをするには、コタツは向いていないのです。

わたしだって、コタツに入ったら、もう出たくないですもん。

ではどうするか?

だったら最初からコタツに入らない、という選択です。

 

そんなこんなで、40年以上生きてきて、はじめてコタツに入らずに冬を越しました。

おどろくべきことです。

でも、いまはそういう生活。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました