2018年の夫の手帳を勝手に買っておきました。

本田健、未来を開く手帳2018 手帳のつかい方
スポンサーリンク

去年に引き続き、夫の手帳を勝手に買いました。

40代妻が選んだのは、本田健さんの「未来を開く手帳2018」です。

2017年の手帳よりも、ツルツルしている気がします。

色もちょっと明るい茶色になっているような感じ。

それにしても手帳界における帯の存在感には圧倒されますね。

約75%が帯です。

スポンサーリンク

未来を開く手帳2018

本田健、未来を開く手帳2018

2018年の本田健さんの手帳にも、小冊子がついていました。

2017年の手帳は、初の手帳だからサービスで大盤振る舞いなのかなと思っていましたが、どうやら毎年サービスしてくれるらしいです。

2018年特別付録の小冊子は「身分の中に眠る才能の見つけ方」というタイトル。

本田健、未来を開く手帳2018、特別付録「自分の中に眠る才能の見つけ方」

2018年は、自分の才能に焦点を当ててみようよ、ということですかね。

つまり、まだまだ才能を使っていない40代主婦。

才能がグースカ眠っている気がします。

わたしの才能は眠っているだけ、自分の才能がね、わかりさえすればね、劇的に、ね?

 

ま、来年もこの手帳を使うのは夫です。

今年、本田健さんの手帳を使いはじめた40代夫、なにか、変わったでしょうか。

40代妻の視点から思いあたるのは、夫の趣味の時間です。

充実している気がします。

ちょっとした時間にも、趣味に没頭している40代夫の背中を見かけるようになりました。

 

ちなみに、夫の才能のひとつは「継続」ではないかと思っている40代妻です。

3日坊主とよくいいますが、ものごとはつづかないことが多いのです。

40代夫に手帳習慣をつづけて欲しくて、今年も勝手に買いました。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました