賃貸住まいなので、自分のものを減らして子供のスペースをつくりました。

SNSフォローボタン

ものを減らそう、と思ったときに。

子供のものは、これから確実に増えていく。

だから、自分自身の持ちものを減らそう。

そう思いました。

スポンサーリンク

自分のものを減らす決意

おふろイメージ

わたし自身のものとして減らしたのは、おもに靴、服、本でした。

とくに本は、わたし自身の執着がつよくて、つらかったのですが、手放しました。

わたしはこれらの本を、本棚にすら入れてあげることができませんでした。

引越してから、ずっとダンボール箱に入れっぱなしだった本。

ざっと7箱以上ありました。

それから、大きいものとして、茶色い棚を2個(背面がかびていました)、白い棚を1個、からにして、解体して、さらにのこぎりで切って可燃ゴミとして捨てました。

その3つの棚の置いてあった場所は、いまは娘の部屋になっています。

賃貸アパート暮らしですが、ガラクタを処分したおかげで、娘のスペースをつくってあげられました。

ほんとうによかったです。

娘は自分の部屋に、怒って閉じこもることもあれば、しずかに作業に取り組む時間もあり、ひとりきりになれる場所と時間をたのしんでいます。

ガラクタを捨てて、あいたスペースを娘の部屋として引き渡すことができたのは、6年生になってからでした。

思春期の女子にはぎりぎりだったかもしれないです。

ではまたー。

トップへ戻る