断捨離のきっかけだったのかもしれない夢の記憶。

SNSフォローボタン

2011年に大きな地震があって。

当時、娘は小学2年生、息子は3歳でした。

地震が起こってから10日もたたないうちだったと思います。

夢を見ました。

スポンサーリンク

手をつなげない

満月イメージ

子供たちと逃げまどう夢です。

子供たちは近くにいて、手をつなぎたいのだけれど、わたしの手は荷物でふさがっています。

夫がわたしにいいました。

「そんなに持っていたら、子供と手をつなげない」

はっとして、目を覚ましました。

はずかしかった。

子供とつなぐための手が、荷物でふさがっている自分。

現実でもそうだな、と妙に納得したのです。

部屋をふさいでいる荷物をどうにかしたい、と思っていた日々。

震災後の不安。

夢はときどきピンポイントですごいところを突いてきます。

いまの自分にとってのたいせつなもの。

たいせつなものはずっとおなじじゃない。

おなじじゃなくていい。

日々、かわっていってもいい。

そんな気持ちで。

ではまたー。

トップへ戻る