女子中学生の娘とLINEで無料通話したよ!

SNSフォローボタン

いつだっていきなりですが、4人家族のケータイ、スマホ事情はこうです。

  • わたし→FREETELのスマホ(Priori3 LTE)
  • 夫→auのガラケー
  • 娘中1→楽天モバイルのスマホ(Liquid Z330)
  • 息子小2→なし

(夫のガラケーについてはスルーしつつ)

わたしは3月の初めにFREETELのデータSIMを契約しました。

4月(更新月)の終わりから、わたしのケータイ(au)をMNPして、楽天モバイルと契約したものを娘に持たせています。

スマホの月額の予定は、わたし299円(データSIM)、娘1691円(通話SIM)です。

スポンサーリンク

通話するなよ、いいかぜったいにだ

楽天モバイルのLiquid Z330クイックモードでベーシックモード(キッズモード)にしたスマホ画面

女子中学生たる娘には、あえて通話SIMにしてあるわけです。

でも、「ぜったいに通話はするなよ。いいかぜったいにだ」と、きびしく伝えてあります。

もちろん通話料の問題です。

なんのための格安スマホ。

なんのためのベーシックプラン。

こちとら月々の支払いは、1691円しか考えていないわけですよ。

LINEには無料通話とLINE電話があるって知らなかったんですよー

(娘)「LINEの無料通話って無料なのかな?」

(母)「さきにチケットかなんか買っておいて、そのぶんだけ話せるらしいよ」

(娘)「そっかー」

こんな会話をした翌日、っていうか、昨日。

わたしもLINEをぽちぽち見てて、無料通話ってあるからには、無料でなければおかしいよねー? と思って、「LINE 無料通話」と検索。

そして、LINEには無料通話とLINE電話(前払制)があると知ったのです。

わたしは娘の帰宅をまって、さっそくLINEの無料通話をためしてみました。

(娘)「なんか」→(LINE娘声)「なんか」

(母)「聞こえるね」

(娘)「うん。ははッ」→(LINE娘声)「うん。ぶははッ」

切れた。

音量を大きく設定してあるせいか、じっさいの娘の声よりも大きく聞こえました。

娘は「なんで切れたのか、わかんないけど切れた」といっていましたが、それって、娘にwi-fiをつかわせてないから?

娘のつかっている、楽天モバイルのベーシックプランは200kbpsだけど、無制限。

そして、wi-fiはつかわせていない。

本人はそんなことすらわかっていない女子中学生。

結果、思春期の娘はまんぞくした

(娘)「これで○○ちゃんと、好きなときに電話できる~」(ごきげんモード)

(母)「よかったねー」

数十秒もせずに切れちゃったんだけど、いいのかな?

思春期の娘にとっては、自分の部屋でこっそりと電話できる(うふふふ)ってことなのかなー。

娘は、家の電話を使うとき、ひとこと親にことわってから使いはじめます。まじめです。

ではまたー。

トップへ戻る