40代の水着だからラッシュガードとトレンカを着てプールにいっています。

SNSフォローボタン

先月から小学校、中学校のプールがはじまりました。

わが家では、プールに持っていく水着やうきわなど一式をひとつの引き出しにまとめています。

今年も夏がー、夏休みがー、やってきますよー。

ま、あたらしい水着を買うたのしみはとくに持たない40代主婦(カナヅチ)ですが。

一昨年に買いそろえた、ほとんど普段着ですよねソレ、な水着セットのおかげで、毎年の子連れプールがちっとも苦痛ではないのです。

水着を10数年買ったことのなかった40代主婦が気軽にプールに行けるようになった理由。

スポンサーリンク

40代主婦(カナヅチ)の気楽な水着

フルジップのセパレートタイプの水着

考えてみたら、10代のときよりも20代のときよりも、40代主婦のいまのほうがずっと多く水着を着て、プールに行っているというおどろくべき事実です。

わたしがカナヅチということもあるのですが、なにより、水着になるのがいやだった10代、20代でありました。

子連れでプールに行くようになったのは30代の終わりですかね。

そこから、だんだん水着をそろえていって、トレンカと長めのサーフパンツが買えたとき、もうプールに行くのが苦痛ではない自分がいました。

ふとももまでのハーフスパッツタイプの水着では、まだいやんな感じでしたが。

トレンカ、買ってよかったよトレンカ。

40代主婦水着、ラッシュトレンカ、サーフパンツ

自分が10代のときにトレンカとサーフパンツがあったら、ぜったいこれ着てる、と思います。

どうせ、カナヅチだし。

あの当時の体育のブルマとか、すごく、いやでした。

いまはいろいろな面で、自分のようなものが、存在しやすい世の中になったなーと思うのと、40代は楽だなー、というのと。

もちろん、生きていくうえでは、10代の頃に考えていたような生き方とはちがいましたけれども、いま、すごくよい。

まあ、いろいろとございますが、たぶん、ものごとの受けとめかたが変わって、ものすごくつらいことにも、よい面を見出せると気づきました。

それにしても、水着の選びかたひとつで、こんなに気軽にプールに行けるようになるとは思いませんでした。

子供が成長して、さらに楽になっているのですが。

娘が小さいころに、もっとプールへ連れていってあげたらよかったのに、と思ってしまうくらい。


40代ママにはラッシュガードとトレンカをおすすめ

息子が保育園にかよっていたとき、同世代40代の保護者ママが「プールに連れていくのに自分の水着が……」とためらいがちにいうので、わたしはまよわずラッシュガードとトレンカをすすめました。

「そんなのあるんですか」っておどろかれました。

わたし自身、30代の終わりの水着知識は、タンキニと短パン止まりでした。

水着売り場なんて、縁がなかったですし。

40代主婦、子育て中、水着

5、6年前の水着売り場には、長袖のラッシュガードの種類も少なかったです。

いまはうらやましいほど種類が豊富になりました。

ま、主婦なので、今年も手持ちのラッシュガードを着ますけど。

プールにはラッシュガードとトレンカが増加中

長袖ラッシュガードに、トレンカ、短パン、というスタイルは年々増えているなー、というのが実感としてあります。

年齢と、子供連れと、体型と、いろんな条件下の人々が求めていた水着だと思います。

わたしの場合、泳げないので、あくまでもおつきあいの水着なのですが、ワンピースでプールサイドにいたときより、すごくたのしいです。

子供たちもよろこんでくれます。

今年もまた、子供たちとプールに何回行けるかな、と。

中学生になった娘とは、まだいっしょに行けるのだろうか、とか。

そんなことを考えながら、夏休みの計画をたてています。

ではまたー。

トップへ戻る