中学生のおこづかいと図書カード。

SNSフォローボタン

中学1年の娘には、いま月々1,000円のおこづかいを渡しています。

また、部活動や友人とのイベント的なおつきあいにたいしては、そのつど必要と思われる金額のおこづかいを渡します。

イベント的なおこづかいに関しては、おつり等の返金は求めません。

むしろ、そこでこっそりやりくりしてね、と期待しています。

じっさいのところ、娘のおこづかいの使い道って、どうやら本がメインみたいなのです。

スポンサーリンク

中学生のおこづかいと図書カード

青い鳥文庫、おこづかいで買った

しかし、いまどきの本て、たっかいの。

ウッ、てなるほど高いです。

文庫本の、ちょっと厚みがあれば600円とか800円とか。ウッ

そのかわり、古本が手に入りやすい環境にありますが。

でも、古本だとしても娘が欲しい本はそれほど安くないのだよね。

それに新刊本が欲しいのだから、古本で並ぶのなんて待っていられないわけです。

そこで図書カードです。

金券ショップで、9,700円でした。

娘のよろこびようといったらなかった。

えー、そんなに本が好きでしたっけ? っていうくらいに、よろこんでいました。

アンが流行りの服を手に入れたときみたいな。

声が1トーンあがっていたね。

よかったです。

年頃の娘にこんなによろこばれることがあるのかね、と思うと、やっぱり渡してよかったです、図書カード10,000円分。

買う本は娘のおまかせになるけれど、もちろん参考書だって買っていいのよ?

わかってるかなぁー。

まぁ、いいんだけど、お好きなように。

ではまたー。

トップへ戻る