「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」を読みながら、モーニング・ページを書いている。

SNSフォローボタン

この手の本は、実践しないと。

ということで、モーニング・ページを書いています。

朝、ノートの3ページ分を埋める作業です。

なにを書いてもいい、3ページ。

とりあえずは、自分でも見返さない3ページです。

スポンサーリンク

ノートに手書きで書いていく行為をくり返す

「ずっとやりたかったことを、やりなさい」ジュリア・キャメロン

先月末に、なにかの言葉で検索して、たまたま引っかかったのが、ジュリア・キャメロンの「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」でした。

最近は、「ほう」と思ったら、すぐに図書館に予約を入れます。

近年のベストセラーでないかぎり、3日以内に予約図書が最寄りの図書館に届くのです。

そうして、ざっと読みはじめて、さっそくモーニング・ページというのを始めてみました。

朝、ちょっと早く起きて、思いつくことをノートに書いていくのです。

3ページくらい、書きなさい、という。

書くことがなければ、「書くことがない」と3ページ書けばよい。

でも、たいていは「書くことがない」と3ページも書くなんて退屈なことをするまえに、なにか書くことを思いつくわけですよね。

という具合に、とりあえず、なんか書いてみなよ! というのが、モーニング・ページです。

朝いちばんに書くのがいい。

朝活っぽいです。

夕方だと、反省会になっちゃうから。

起きたての、まっさらがいいみたいです。

ま、それを実行するのがむずかしい自分を発見した40代主婦です。

早起きするには、早寝だ。

えー、と、この手の本て、書きこみ式の部分があったりー。

あのー、署名しよう、とかー、あってー、苦手なのでー。

(もちろん、図書館で借りた本ですから、署名できません)

まー、そーいうのはー、あるんですけど。

だいたい、この手の本のー、いってることはおなじです。

つまり、そういうところに、行きつくってことでしょうか。

自分をたいせつにする。

行動する。

シンクロニシティ。

自分の思いこみ、傷つきたくないから行動できない、やらないためのいいわけ。

あー、こういうの

本文中のある例を読んでいて、友人を思い浮かべました。

親に反抗してアーティストになる場合に、犯行を正当化するためにビッグ・アーティストを目指してしまう、というのです。

いきなり傑作を目指してしまう、というような。

とりもどすだけ

「ずっとやりたかったことを、やりなさい」ジュリア・キャメロン、The Artist's Way

課題は12週分あります。

その課題のタイトルが、すべて「○○を取り戻す」となっていて、そーかー、つまりは見失っているだけ。

もともと、あるんだよ。

そういう考えかたです。

だれもが創造的であり、クリエイティブである。

まず、そういうことです。

ではまたー。

トップへ戻る