夫がセミナーの資料や資格取得の教本を捨てるまで。

SNSフォローボタン

夫の本棚にはセミナーの資料や資格取得のために使った教本が並んでいました。

でもそれ、もういらないよね。

自動車の免許って、合格したあとに教本を取っておかないでしょう? ってことは、捨てちゃっていいんだよ。

というような声かけをしつつ、本棚からぽいぽいぽい。

でもねー、夫が捨てるのをためらったセミナーの資料は、元手がかかってるから捨てられないんだよね。

もう、読まないってわかってるのに捨てられないのは、モッタイナイ、いくらかかったと思ってんだー、ってなってるからなんだよね。

スポンサーリンク

使いこなせなかったものを捨てるときの後ろめたさ、見るたびに責められているような

古本イメージ

もう、いいんだよ、自らを解放しなさい、みたいな。

そんな気持ちで、やさしく夫に語りかけ、セミナー関係の分厚いファイルを断捨離です。

じつは、もう5年以上まえにも、どーしようもないその手の分厚いファイル(もちろん夫の)を捨てているんですよね。ウン、ゴメン

ファイル部分を分別して、ぜったいこれ、ぜんぶ読んでないよ、って思いながら。

今回のも、そんな感じ。

最初だけ、ほぼ手つかず。

こういうものは、視界に入るたびに、ウッてなって、自分を苦しめるんだよ。サイナムー

わたしもー、そういうもの、いっぱい持ってたし、わかるわかる。

見るたびに、ああ、あれ、なんとかしなきゃな、そのうちに、なんて考えてしまうんだよ。

そういういいわけを瞬時にしてしまう。

毎回毎回毎回、ですね。

だから、捨てたほうがいいよ。

捨てていいんだよ、と夫にやさしく語りかけて、捨ての体勢に入りました40代妻です。

うしろから、どーんとひと押しされないと捨てられないときってあるよね、と。

また、他者の言葉の中に、捨てることへの許しを見出すのです。

まー、とにかく、だいたい捨ててダイジョーブ。

夫の性格からして、やさしい言葉で。

これで本棚に20㎝ほど空きができました。

やれやれです。

ではまたー。

トップへ戻る