サイズアウトしないのでずっと着ていたパジャマを捨ててみました。

SNSフォローボタン

どうということもないのですが。

パジャマを捨ててみました。

というのも、とくに思い入れもないのに13年着つづけているのはいかがなものか、とふと思ったからです。

娘を出産するときに用意したパジャマだから、13年。

出産のための入院時には、パジャマを5枚くらい用意するように、という話でした。

スポンサーリンク

出産のたびにパジャマを買う

人形イメージ

娘の出産のときにパジャマを5枚そろえ、5年後の息子出産のときにもパジャマを5枚。

もうどんなパジャマを着ていたかも思えていませんが。

どういうわけか、そのうちの1枚は13年も着つづけることになったのです。

ちなみに、息子を出産したときに買ったパジャマも1枚、8年物が残っています。

あまり購買意欲のない40代主婦です。

パジャマやエプロンて、必要がなければ売り場にすら行かない気がします。

だから、通販で目にとまって買うのかもしれません。

あるいは穴が開いて、ようやく買いに行くような。

大人になって、穴が開くまで着つづける服が減りました。

いえ、穴が開くまで着つづける服がある一方で、ほとんど傷みのないまま捨てる服がありました。

いまいちな服というか。

買ったものの、着てみるものの、鏡を見て脱いでしまう服だとか。

断捨離で、ウッときて捨てたのは、だいたいが傷みのない服でした。

それから、好きだけど今の自分にはないなァ、と思う服。

服として好きなのだが、自分が着るものとして考えたときには違う。

この手の服、好きなんだけどねェ。

と、服はそのように捨てていきました。

しかしパジャマは。

買い替えるほどの思いもなく、冬は13年物と8年物を着つづけていました。

着て眠るだけなので、穴が開くほどの負担がないのでしょう。

冬物で、生地も厚いし。

もうすこし、意識的な、こだわりのある買物を。

所有物に対して深い思いをいだくような、買物生活をしたいものです。

とはいうものの、あっさりと捨て、あっさりと買うことができる身軽さも捨てがたい。

ではまたー。

トップへ戻る