中学校の新学期はアタリとハズレ。

当たりイメージ 中学校のこと
スポンサーリンク

中学生になると失礼です。

女子中学生、しっつれいだなァ、と思うことがあります。

わが家の女子中学生は、このたびのクラス替えをたいへん気にかけておりました。

娘のグチをえんえんと聞かされていた40代母もまた、娘に負けずおとらず心配していました。

おもに、娘を嫌う男子中学生と担任の先生について。

女子中学生のグチを聞かされる母親役をしています。

スポンサーリンク

アタリかハズレか

当たりイメージ

一保護者にすぎない40代母の意見ではありません。

女子中学生5人が、始業式の返り道に話していたというのです。

「1組と3組はハズレ。2組と4組はアタリ」

なにをもってアタリ、ハズレなのか?

 

どうやら、先生よりも、生徒の問題ということらしいです。

始業式が終わったあとで、1組と3組はそれぞれ3人ずつ、先生に呼び出され注意を受けた生徒がいたそうです。

初日からそれではさきが思いやられる、ということなのでしょうか。

 

で、娘は2組でした。

女子中学生のいう、アタリの2組です。

娘は、問題の男子生徒とは別クラスになり、担任の先生は部活動の顧問の先生です。

よよよよよ、ヨカッター。

わたしが、よかったったー。

 

これでわたしは、娘のグチ話から解放されるんですよね。

よかった、よかったよかったー。

 

とはいえ、娘のいちばんいやなこと(某男子生徒とおなじクラスになる)がなくなってよかったです。

3年時にはクラス替えがない。

これで2年間、娘は安泰です。たぶん。

そうあってほしいです。

 

ま、娘には、自分の好きな先生が担任の先生になったとたん、印象が変わることがあるから気をつけるように、といいました。

好きな先生って、担任じゃないくらいがちょうどいいのよね。

 

とりあえず、娘のクラス替えはセーフ。

わたしにとって、セーフです。

ただ、娘のクラスには、娘の友達らしい友達はいない、という女の子にはちょっと問題かもしれない状況。

しかし、本人が「孤立してもヘーキ」といっているので。

まあ、いいんじゃないでしょうか。

 

それにしても、中学生ともなれば(小学校高学年から、ですが)、自分のクラス、担任の先生にたいして、アタリだの、ハズレだの、きびしいです。

ならば自分はどうなのかな、中学生?

とニヤリ考えたとたんに、自分という40代ハズレが頭に浮かびました。

ブーメラン。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました