恐るべしピンクのハンガーを捨てました。

SNSフォローボタン

夫の持ち物のひとつに、謎のピンクハンガーがありました。

かなり年季の入ったピンクのプラスチックハンガー4本。

まえから不思議に思っていたのですが、やっぱり夫が選んだものではありませんでした。

そう、お姉ちゃんです。

わたしにしてみたら、義姉。

つまり、義姉が短大時代に使ってた過去の遺物がまだあったんだね。ヒェー

スポンサーリンク

使えるうちはピンク色でも使う夫

ピンクハンガーイメージ

もういいから。

いいかげん、手放しちゃっていい、捨てちゃっていいんだから。

約4半世紀、夫とともに引っ越しをくり返してきた、義姉のピンクハンガー。

元カノとか、そんな色気のある話ではなく、義姉。

単なる捨てられない男症候群じゃないですかー。

なんというか、なんにも気にしないのだな。

こだわらないのだな。

だったら、わたしがこだわってもいいよな?

いまさらながら、そんなふうに思います。

こだわりの強い人と付き合うよりは気楽でありますが、そうかピンクハンガー。

いままで見逃してきたけれど、さっさと捨てておけばよかったです。

執着しているわけでもなく、とくに捨てる必要もないから捨てなかった、だって壊れてないし使えるし。

そんなふうに、モノを持っている。

夫にとってのピンクのハンガーにあたるものが、わたしにもあるのでは?

わたしもまた、そんなふうになんとなく持っているモノが、奥深くにしまい込まれているような気がします。

あたりまえすぎて、気にとめていなかったもの。

あるから使うけど、なくてもいい、どーでもいい、みたいな。

そんなモノがまだ残っているのではないか。

モノを見直し、生活を見直し。

夫を見つめつつ、じつは自分を見直しているというようなー。

夫に批判的であるとき、自分にもまた批判的であるのだ、と思います。

ではまたー。

トップへ戻る