服の量が減ったのは40代にして生まれてはじめてコレを買ったからではないか、と思っています。

SNSフォローボタン

部屋着って、持ってなかったんですよね。

外出に着ている服の、ちょっとくたびれたようなのを着て、部屋着としていたような。

そして、ちょっとくらいの外出なら、このままでもいいよね、みたいな。

だって、着替えるの、めんどうだもんね、洗濯物も増えるし。

そんな感じで、部屋着って決めていなかったんですけど。

いま、40代主婦の部屋着はジャージの上下です。

スポンサーリンク

学校指定以外のジャージを買うのは生れてはじめて

ほうきとちりとりイメージ

ウエストゴムで体重を増やした40代主婦です。

そして、ちょっとウォーキングに手を出した40代主婦であり、今年のテーマはスポーティー! とか思ったりした40代主婦です。

ま、新年になったので、仕切りなおそうと思っておりますが。

遠いむかしのような去年、そんなふうに思ったりして。

秋ごろでしょうか、40代主婦の手元には、黒ジャージの上下があったのです。

黒っぽいジャージの上下といえば、不審者ファッションあるある。

中2娘に「まんま不審者じゃん」と指摘されながらも、40代母はパジャマから黒ジャージに着替えては日々を過ごしています。

ジャージはいいよ、サイズがゆるいし、ひざをついても気にならないし、化繊だから乾きが早いし。

ジャージで買物には行かないけど、ゴミ捨てと外の掃き掃除はしているよ。

外の掃き掃除に抵抗がなくなったのは、ジャージでやるようになってからなんですよね。

ジャージって、活動的なスタイルだし、きびきび動いている印象があるし。

わたしがわたしじゃないみたいな、ジャージ。

そんなわけで、40代になって生れてはじめて学校指定ジャージ以外のジャージを着て生活しています。

パジャマからジャージ、ジャージから外出着、外出着からジャージ……と着替えています。

いまになって考えると、黒のジャージ上下は、他の家族にとって暗すぎるかもしれません。

40代の母親がいつも黒のジャージ。

ちょっと、子供に与える色彩の影響を考えるとよくない気がしてきました。

いまさらー、ですが。

もう少し明るい色のジャージを。

いやいや、ジャージにとらわれずに部屋着を考えたらいいのかもしれませんね。

ではまたー。

トップへ戻る