中学校のPTA役員はクジ引き。

SNSフォローボタン

小学校のPTA役員は、すでに終えている40代主婦です。

小学校の場合は、子供1人につきPTA役員1回、という決まりごとがありました。

6年生までに、かならず1回はPTA役員をすることになっていました。

どうせやるなら、早いうちがいい、と子供が1年生のときにそれぞれPTA役員をやりとげたのです。

しかし、いま娘のかよう中学校はクジ引きなんですよね。

スポンサーリンク

クジ引きに当たったら、引き受ける

PTA役員、クジ引き

今年もPTA役員決めの季節がやってまいりました。

小学校の役員はすでに終えています。

のこるは娘のかよう中学校のPTA役員です。

でも、中学校のPTA役員決めにはあわてていない40代保護者です。

なぜって、立候補者以外はクジ引きで決まります。

しかも、小学校のPTA役員とちがって、役員数が少ないから当たる可能性がすくないのだそうです。

だから、今年も「クジに当たったら引き受けます」の姿勢で、自宅待機。

中学校のPTA役員については、「フルタイムで働いていても、介護をしていても、役員をことわる理由にはなりません」といわれています。

もし、役員をことわる理由があったら、それ以上の理由をもってこい、ということらしいです。

ま、たぶん、当たらない、ですよ。

娘が中1のときは、入学式のあとで、保護者がクラスごとに集まって役員を決めました。

そのときには、3名くらい立候補者がいました。

さらに2名くらいを、クジ引きで決めたような記憶があります。

そのクジ引きも、教頭先生が引くことになっていて。

「ごめんなさいねー」

といいながら、教頭先生は笑顔でクジを引いてまわっていました。

今年も、今月末にはPTA役員が決まります。

できることなら、避けたいと思っております。

中学校のPTA役員は、小学校より負担が少ないと聞いていますけど。

どんなもんですかね。

新学期が始まって、まだまだ、いろいろ、あやふやなままです。

まー、うん。

ではまたー。

関連記事
PTA役員クジ、当たりました!
先月、中学校の授業参観があってー。 その後の学年懇談会とクラス懇談会は欠席してー。 欠席中のクジ引きで、PTA役員が当たった40...
トップへ戻る