ダイエットにおける理想的な右下がりグラフとなっている、おどろき。

SNSフォローボタン

いい感じに体重が減ってきている40代主婦です。

体重が減っている理由は、間食をしなくなったからです。

食べなきゃやせる、というのはほんとう。

まー、そんなのはわかっているけど、食べずにはいられないなにかがあったわけなんですよね、たぶん。

そこのところが、スポーンとなくなったので食べなくなって、結果やせています。

いまのところ、順調です。

スポンサーリンク

タニタの健康管理シート

タニタ、体重管理シート

手帳にメモしておいた6月分の体重をタニタの健康管理シートに書き写してみました。

今月は40キロ台を目指しています。

タニタの健康管理シートをダウンロードできるページ

体重をはかるタイミングは、朝起きて排尿したあとです。

パジャマを着ている状態で、裸足です。

体脂肪率とか、基礎代謝量とかは記録していません。

かつてタニタの体重計を使って、娘の幼稚園入園にあわせてダイエットをしていたことがあります。

そのときは、タニタの健康管理シートに体脂肪率も記入していました。

ラーメンを食べた翌日の体脂肪率ははね上がります。

おそらく塩分のせいだと思いますが。

今回のダイエットは体重観察くらいの気持ちでいるので、体脂肪率でいちいちショックを受けたくないので、メモしていません。

あまりこまかいことをしていても、つづかないのでー。

いまのところ、体重は順調に減っています。

夫から「リバウンドがあるんじゃないの?」といわれています。

でも、たぶん、ないと思うんですよね。

なぜなら、いまの自分に食欲をがまんしている感覚はないからです。

体重が減った原因?

ストレス?

もし、今後リバウンドがあるとしたら、それはまた、わたしになんらかのストレスがかかったときではないでしょうか。

わたしはわたしが感じていた以上に、夫の職場、働きかたに不満を持っていたのかもしれません。

夫の転職が決まって、残業がなくなったのが4月からなんですよね。

でも、それはつまり収入が減るということでもあり、むしろストレスではないかと思うのだが、夫の帰宅がうれしい40代主婦です。

貧血?

そして、3月から飲み始めた鉄分サプリで貧血が改善されたのも、体重減少の一因であると思っています。

調べてみたら、貧血状態だと基礎代謝が低下するのだそうです。

つまり、貧血状態で運動してもダイエット効果はうすいということ。

運動するまえに貧血を改善するほうが先ですね。

断捨離?

断捨離してやせた話、あるじゃん?

わたしの身体にはまったく起こらなかったんですよね。

ほーんと、そういう話、あてにならんよ。

そんな気持ちでいたのだが、そういえば、3月に無理して着ていたコートとスカートを捨てたんですよね。

体重が減ってきたのって、そのあとだからね。

入らない服を捨てるとやせるというのは、ほんとうかもしれんね。

よくわからん仕組みですけど。

約5キロ体重が減って変わったこと

そんなこんながありまして、かれこれ約2ヶ月で約5キロの体重が減っています。

身体が軽くなる、というのはほんとう。

おもに感じるのは、背中の肉です。

つまめる肉の量がちがいます。

あといちばんすごかったのが、おなかまわり、ですね。

ズボンのウエストに乗っかる肉の量がちがいます。

ただ、なんといいいますか、このおなかには筋肉が必要だと思うよ。

子宮筋腫の上に脂肪がのっているからなァ。

このおなかを見ていると、まだ体重は減らせる、とわかります。

体重が減って思うのは、運動するよりも食べないほうが簡単に体重が減るということです。

そもそも食べずにいられないなにかがあって食べてしまうのだから、そのなにかを取りのぞければダイエットは容易なのでしょう。

ただ、それがわかるのか?

取りのぞけるのか?

ってことですよね。

ねー。

ではまたー。

関連記事
タニタの体重計で見る40代主婦の体重変化、半年分。
かれこれ10年ほど、タニタのデジタル体重計を愛用しています。 思えば、娘の卒乳後に増えた体重を減らそうと、アナログの体重計から買い替え...
鉄分サプリで脱貧血したから、体重が減ったのかもしれないです。
先月からすこしずつ減り始めた40代主婦の体重です。 このまま減っていけば、来月には50kgをきるぞ、おいおいおい。 という流れに...

トップへ戻る