エヌさんロス、おかあさんの扉。

SNSフォローボタン

立ち読みなんですけど。

オレンジページでたのしみにしている『おかあさんの扉』に登場するベビーシッターのエヌさんがご卒業なさったということで。

エーッ。

もう、エヌさんの姿を見られなくなるの、とさみしく感じた40代主婦です。

今回は立ち読みしたオレンジページですけど。

いつもは、病院や銀行のロビーで読んでいます。

スポンサーリンク

エヌさんファン

人形イメージ、キューピー

たぶん、わたしだけではなく、エヌさんファンは数多くいると思うのですが。

たとえば、立花隆さんの元秘書が書いた『立花隆秘書日記』とか、瀬戸内寂聴さんのとこの秘書が書いた『おちゃめに100歳! 寂聴さん』みたいに、エヌさんのシッター日記が出版されることはないのだろうか、と思って。

しかも、それがまさかのコミックエッセイになっていて、エヌさんの多才に舌を巻く、みたいな。

みたいな妄想をするくらいには、エヌさんロスを感じています。

たとえば、『おかあさんの扉』がサザエさんなみに巻数を増やすとします。

すると、『よりぬき おかあさんの扉』が発売されるわけです。

そこで『よりぬき おかあさんの扉 エヌさん編』みたいな。

そーいう妄想をするくらいに、エヌさんロス。

わたしのこころのなかのエヌさんは、流れシッターのごとく、またべつのマンガ家さん宅にあらわれて、ふたたびスーパーベビーシッターとしての名をほしいままにする、みたいな。

そして、そのマンガ家さんもコミックエッセイでエヌさんを登場させ、エヌさんの立てエリ健在ぶりを読者にアピール、みたいな。

そんな妄想をする40代主婦は、エヌさんロス状態です。

ではまたー。

トップへ戻る