単純な夏服で過ごしています。

SNSフォローボタン

われながら単純、と思う40代主婦ファッション。

この夏は、1枚も半袖を買わないまま猛暑がやってきたのです。

そこで、まにあわせに、とりあえず夫のエアリズムを着ていました。

トップスを夫所有の黒のエアリズムにして、ボトムスは部屋着の灰色パンツ。

室内で過ごす40代主婦にはこれで十分だったのです。

しかも、夫にはまったくばれなかった、一見ドルマンスリーブ。

スポンサーリンク

自分がいかに服に興味がないか

40代、私服の制服化テーパードパンツ

もしかすると、自分が自分自身に興味を失いつつあるのかもしれない、などと思う今日このごろです。

部屋着なら夫のエアリズムで十分でした。

夫の黒いエアリズムを着て、灰色のボトムスをはいて、エアリズムのすそをインします。

このファッション状態で、ゴミ捨て、外の掃き掃除まで許容範囲です。

外出のときは、カーディガンを着て、外出用のボトムスへとはき替えます。

この夏はこれだけで過ごしています。

あまりの暑さから夏素材の半袖カーディガンを購入したので、なにかというとコレです。

わたしにとっての、おなじ服を着ない努力というのは、他人に合わせるためであったのでしょう。

いまはひたすら、おなじです。

すごくラク。

結果、朝のパジャマ時間が短くなりました。

というのは、パジャマから部屋着に着替えるときの迷いがないからです。

パジャマも部屋着も似たような感じではありますが、だからといってパジャマで子供たちを送り出すのはよくないなァ、と思っていました。

思い返せば、部屋着としてジャージを愛用しはじめてから、着替えに迷いがなくなったのです。

部屋着を利用していなかった時期から考えると、部屋着を部屋着として用意して正解でした。

いまの部屋着は、ゆるっとしたジャージ素材。

この数ヵ月のダイエットで、さらにゆるゆるになりました。

どちらかというと、ピタッとした着心地が好みだったのですが、部屋着に関してはゆるゆるで過ごしています。

部屋着についてはウエストゴムを許す。

しかし、外出着についてはウエストゴムは却下です。(部分ゴムは可)

これまでの経験からして、毎日ウエストゴム生活を断じて許してはいけない。

このメリハリを、当分のあいだ守ってゆきたい40代主婦です。

ではまたー。

トップへ戻る