いま着る服と好きな服はちがいます。

チャイナ服イメージ 昔の持ちもの
スポンサーリンク

捨て活わっしょいしたときに、自分の好きな服を捨てました。

必要な服、着まわせる服を残しました。

 

なぜって、服は捨ててもいいから、本は残したかったからです。

(本だけはー、本だけはどうかごかんべんをー)

そういうかけひきがあったので、手持ちの服のなかの、好きな服の部分を捨てました。

 

着道楽ではないので、100着も持ってなかったと思いますが。

それでもコートが3枚くらいあったし、45Lのゴミ袋に4袋くらいにはなったでしょうか。

本は7箱を処分したから、服より本を多く処分してますけど。

スポンサーリンク

チャイナボタン、チャイナカラー、スキスキ

チャイナ服イメージ

とはいえ、ここさいきん、またしてもチャイナボタン熱が急上昇していて、数日に1回、そぼくなチャイナ服を売っているサイトをのぞき見ています。ハァハァ

輸出用じゃなくて、現地の人が着ている、日本の基準からしたら、ゆるーい服たちです。ハァハァ

チャイナカラーの下にタートルネックのセーターをインして、着たいです。ハァハァ

 

民族調の、フォークロアな、手づくり感にあふれるファッションが、好きです。

でもそれでは、わたしの手持ちの服がまとまらないので、そっち方面は全捨てしました。

 

服の捨て活で痛みを感じたのは、もう二度と手に入らない手の込んだあれらの服についてです。

大好きだったチャイナカラーの半袖ブラウスは、救世軍バザーで購入したものなので100円でした。

 

値段じゃないんだよ。

値段じゃないものだから、捨てられないのだ、という。ウワー

ま、捨てたんですけどね。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました