2017年の手帳、思わず夫の分も買ってしまいました。

本田健未来を開く手帳(2017) つぶやき
スポンサーリンク

わたしの分と夫の分、来年の手帳をそれぞれ買いました。

たのまれてもいないのに、夫の手帳も買ってしまいましたッ。

ふだん、わたしが夫の手帳を買うことはありません。

でもでもだって、読んでみたかったんですよー。

スポンサーリンク

本田健さんの手帳

本田健さんの初の手帳、本田健未来を開く手帳(2017)

手帳は初なんですね。

あなたの夢は書くことで実現する、ですよ。

 

わたしは自己啓発本や人生の指南書などがきらいで、40歳ちかくまで避けてきました。

ただ、ある時期に、そもそも自分の生き方や考え方を決めてきたものってなんだろう、どうしてわたしはこんな人間なのか、わたしがあたりまえのように続けてきたこと、考えてきたことが、そもそもおかしいのではないかと思って。

それで、いままで避けてきた分野の本を図書館から借りて、手当たり次第に読みはじめたのです。

そこに、本田健さんの本がありました。

 

本田健未来を開く手帳(2017)

特別付録は小冊子「なぜ手で文字を書くと夢は叶うのか」

本田健未来を開く手帳(2017)

本田健 未来を開く手帳2017
本田健
楽天ブックスはこちら

 

どん底状態の夫が思い出した言葉

今年の春、夫はどん底状態を味わいました。←本人談

夫はどん底の状態にあって、本田健さんの言葉を思い出したそうです。

どん底のときこそ人生を変えるチャンスだ、と。

 

わたしは数年前からぽつぽつと本田健さんの著作を読みはじめて、夫もまねをして何冊か読んでいたみたいです。

夫はその後、同僚の息子さんが、本田健さんの本を読んで会社をやめたという話をしました。

 

妻の読んでいた本の著者が、それほどまでに影響力があると思っていなかった夫は、おどろいたみたいです。

夫は、妻の言動を軽視しますが、テレビやラジオや会社の言葉と一致すると、妻(わたしのことですが)を見なおす傾向にあります。

 

そんなことがありまして、夫には本田健さんの手帳を買いました。

未来を開く手帳2017、ですってよ。

でもって、180度ペタリと開く綴じ方です。

週間スケジュールのページには、本田健さんの言葉がたてがきにドーン。

毎週、ハッとする言葉が目に飛び込んできて、いい感じです。

 

だったら、どうして自分用の手帳にしないのかっていったら、やっぱり、ごついからです。

1年間つかいつづける手帳は、見た目がとってもたいせつ~。スンマセーン

今年は魔法の手帳にしました

いやー、この数年はずっとおなじ手帳をつかっていた40代主婦ですが(Campusとは別の手帳)、今年は思いきって変えました。

系統はおなじなんですけど、はづき虹映さんの魔法の手帳。

ドピンクで、ラメラメなんですけどぉー。

地味茶の本田健さんの手帳と、見ためは大ちがいですがー。

書くほどに夢がかなう! って、やっぱり書くことをすすめています。

はづき虹映魔法の手帳(2017)

帯にはこんなひとことも書かれています。ズキューン

はづき虹映魔法の手帳(2017)
はづき虹映 魔法の手帳 2017
はづき虹映
楽天ブックスはこちら

 

ま、手帳なので、書いてなんぼです。

主婦なら、ゴミ出し、掃除、洗濯、といった日常の家事計画でもいいんですよね。

書いてあると気合がちがいます。

捨て活ワッショイのときは、熱心にゴミ計画を書いてました。

 

つかい方が細かく書いてあるので、恥ずかしがらずに書いていきますよ。

だれかに見せるわけじゃなし。

いま見たら、週間スケジュールのいちばん下の欄が、365のThanksってありました。ウワー

自分がいままでにしてこなかったことです、ね。新鮮です。

 

いままで使いつづけてきた手帳も、変わりたい気持ちから買い始めたものでした。

今年の手帳も、変わりたい気持ちのあらわれです。

たのしみながら、手帳に書き込んでいこうと思います。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました