押入れの棚のなかは子供のものであふれてます。

子供のおもちゃを捨て活 捨て活
スポンサーリンク

子供のものは、わたしたち親が買ったものが9割です。

ふだん、おもちゃはほとんど買いません。

買ったがさいご、わたしの意思では捨てられなくなります。

 

それでも、3年前にかなりのものを捨てました。

いただきもののリカちゃん人形、いただきものの木馬、いただきもののプラレール。

わたしも夫も末っ子なので、いただきものが多いんですよね。

スポンサーリンク

押入れの棚の子供のもの

子供のおもちゃ、持ちもの

娘がポケモンカードが欲しいといったのは、小学5年生のときでした。

夫がリサイクルショップで買ってきました。

「人気ないみたいで、数が少ないんだよね」

そういって、300円で買ったというポケモンカードの束を見せました。

ヒィ。

 

そのようにして、夫はポケモンカード購入をくり返しました。

束で買えるカードだから、いいカードが入っているわけではないんですよ。

でも、まー、とりあえず、家族がポケモンカードをするくらいの量はあります。

娘が勝つための最強デッキ、というか、うん。

 

いま、ポケモンカードバトルはほとんど開催されていません。

たぶん、娘はもう興味ないよね?

 

娘の成長、娘コーナー撤去

週末に和室の押し入れから、娘コーナーを捨て活しました。

からっぽになっています。

押入れの棚スペース

娘に個室を与えたときに、自分の荷物をぜんぶ持っていくようにいいました。

しかし娘は「すこしだけ自分のものも和室に置いておいてほしい」といったのです。

そうして棚の一段を娘のスペースとして残しました。

 

が、やっぱり自分の部屋ができたら、寒かろうが暑かろうが、自分の部屋から出てこないんですよ。

中学生になったら、ますますそうなりました。

それでいいんだ、と思います。

さみしいけど、そうなんです。

 

さいきんまた、かくれんぼにはまった息子が、空いたスペースに丸くなってかくれていました。

それはそれで、そういうつかいかたもあるよね。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました