帰省しない年末年始って、すごく楽じゃないですかー。

レア雪見だいふく、「ふく」が「福」 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

今年は、息子を出産した年以来の帰省しない年末年始です。

4人家族が、とくに出かける用事もなく過ごす年末年始。

娘は中学生だし、息子は小2。

だっこもおんぶもない子供たちですから、楽です。

 

おせちも作らないからねぇ。

実家でも、お重に入ったおせちなんて食べませんし。

そんなものなのかなーと。

近所のスーパーも元旦からふつうに営業しているし。

冷蔵庫にはモチがたっぷりあります。

スポンサーリンク

帰省準備がなく、帰省自体もない

レア雪見だいふく、「ふく」が「福」

帰省にかかわる、あらゆることがスポーンと抜けている年末です。

とても楽です。

だらりと過ごしております。

 

帰省の荷造り、帰省前の洗濯、帰省の移動時間、いっさいがないのです。

大晦日の新聞を読むのは8年振りということになります。

実家で読む新聞て、うちの実家はスポーツ新聞しかとっていないし、夫の実家にいたっては新聞をとってない(たまに契約するのは地方新聞)ので、つまらないのです。

 

これが、帰省のない年末。

いちばん影響があるのは、夫のような気がします。

今年は、ゴールデンウィークとお盆、そして年末年始をゆっくり4人家族で過ごしています。

しみじみと、今年1年いろいろありましたが、よかった。

よかったです。

 

今年も、思いがけないことがあって胸が締めつけられるようなつらい思いもいたしましたし、ずーっと気がかりなことを引きずっていたりもしました。

まー、自分があれこれ心配しても、どーにもならんものはどーにもならず、なるようになるしかなかったのですが、年内にひと段落して安心しました。

 

まー、ねー、人生あるあるです。

それでも家族4人がそろって、新年を迎えることができる。

家族がみな元気で、いっしょに年を越せるよろこび。

じわじわ、きます。

そういう年になりました40代主婦です。ニヤニヤ

 

 

今年は息子が寝ずの年越しをねらうそうです。

娘ですら、年越しは小学4年生でやっと達成したので、小2の息子には無理でしょー。

とび森(とびだせどうぶつの森)の年越しイベントを今年こそ見たい! という息子。

今年は念願の年越しなるか!? ですね。

去年は夫の実家で、娘だけがとび森の年越しイベントを見守ったのです。スマナイ

 

さて、いつもの部屋でいつものように、でもちょっと特別な夜更かしと年越し。

子供にとっての、特別なこと。

「今日はとくべつだよ」

といって、大晦日の今夜は、特別にお菓子を食べたりする予定です。タノシミ-

 

ではまたー。

よいお年をー。

 

タイトルとURLをコピーしました