5年後、10年後、けっきょく自分が捨てることになるモノ。

古本イメージ 捨て活
スポンサーリンク

さいきん、また、ざくざくと捨てています。

捨てるモノの中には、本来なら夫が管理すべきだよね、コレ、というものも含まれています。

たとえば、20年前のCD-Rとか?

前回、ざくざくと捨てていたときにも、それらを見ています。

でも、夫の範囲だから手を出しませんでした。

そして、いま、5年ほど経ちました。

スポンサーリンク

5年後も10年後も、そのまま、って考えてみたら

古本イメージ

夫が絶対に捨てられないモノ。

夫に決断できないモノ。

たとえば、写真。

写真は以前、夫にたのまれて、わたしがザザッと捨てました。

 

CD-Rも、夫にまかせていたら減らないです。

たとえば、CD-Rがほとんど入っていないスッカスカのケースが捨てられない。

いま、ここを減らしています。

 

だって、けっきょく5年後にわたしが捨ててるんじゃないかな、って気がついたからです。

中身チェックして、ハサミ入れて、捨てる。

こういう手順を、いつか誰かがやらなければ片づかないモノがあって、おそらくそれは、夫にはできない、だろう、たぶん、きっと。

ということは、わたしかー。

 

5年後、10年後、けっきょく、わたしが手間ひまをかけて捨てることになる。

いまの自分の年齢に、+5、+10かー、って思ったら「ちょっと、さきに捨てておきますね」って気持ちになりました。

自分の片づけのついでに、分別して確認して処分です。

確認というのは、夫に「捨てるよ」ないしは「捨てていい?」とたずねておくことです。

いちおー、簡単にそういうことをしてからの処分。

 

そして、夫の口から聞かされる「捨てないで。なにかに使えるかもしれないから」

やっぱり、そう考えてしまうんだなァ。

そういわれて、わたしはりぼんのふろくを手にしたまま、薄暗い部屋でうなだれていた自分を思い出しました。

 

どうして捨てられないのか、なんで、ずっと持っているのか。

もったいなくて使えなかった自分、たいせつに持っていた年数。

いろんなよくわからない執着がぐるぐるして、捨てることができませんでした。

自分が持っていたものをゴミとして、ガラクタとして、価値がないと自分で判断したくなかった、ということなのかー。

 

40代主婦となったいま、りぼんのふろくを手にして悩むことはありません。

5年前に処分してよかったと思います。

その時代に使っておけばよかった、と思うモノをたくさん捨てました。

後ろめたい「捨て」が多かった40代主婦です。

いま愛用しているモノには、感謝の「捨て」ができそうです。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました