とことん使ってから捨てるようになりました。

食卓イメージ 捨て活
スポンサーリンク

捨て活を心がけた、さいしょのころには。

買って間もないものを捨てたり、ほとんど使ってないものを捨てることも多かったです。

使い切らずに捨てる申しわけなさ、罪悪感がありました。

でも、さいきんは、自分でもよく使ったなァ、と思うほど、使い切っています。

さきに新しいものを買ってしまうと、残りをとことん使い切らないことがあるから、ほんとうにギューッとしぼって、しぼって、ア、意外とまだ出るね、ってなってからさらに、しぼって。←これは歯磨きチューブの話

そのくらい、使い切っています。

スポンサーリンク

ありがとう、おつかれさま、と捨てる

食卓イメージ

調理師の兄が食べものにたいして、声かけをしていたのです。

どうしても食材があまってしまって、捨てるときでした。

お客さんが来ないので、そういうことが多々あったのです。

 

「おつかれさん」と声をかけて、捨てていました。

「がんばれ」と声をかけているときもありました。

 

でもな、食べものにも限界があって、もうがんばれないときがあるわけなんです。

もう、お客さまには出せないな、という。

そんな、がんばった食材には「おつかれさん」です。

手をかけて仕込みをして、出番を待っていたのにな。

まかないとして終わる食材もあれば、まかないにすらならなかった食材もありました。

 

モノにたいしても、ヒトにたいしても、申しわけない気持ち、罪悪感をいだかずにおつきあいできたらいいのですが。

せめて、別れるときまでは、大切にする、ということかなー、と。

 

出会う時期があり、別れる時期があるので、せめてそれまでは大切にする。

そういう気持ちで過ごす。

まー、せめて、そのくらいはできましょう。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました