シーリングライトのかんちがい、LEDに買い替えました。

古い蛍光灯イメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

このところ故障が相次いでいる4人家族です。

壁掛け時計につづき、ダイニングキッチンのシーリングライトがつかなくなりました。

LEDって、10年持つんじゃなかったっけ?

ハズレを引いてしまったかな、と思った40代夫婦。

カバーを開けてびっくり、中から出てきたのはスリムタイプの蛍光灯でした。

スポンサーリンク

ずっと、LEDを使っていると思っていた!

古い蛍光灯イメージ

お恥ずかしい話ですが、ダイニングキッチンのシーリングライトもLEDにしたと思っていました。

ほかの部屋はぜんぶLEDのシーリングライトです。

だから、いちばん最初にシーリングライトに買い替えたダイニングキチンも、LEDだと思い込んでいました。

いつのまにか夫婦そろって、そう思い込んでいたらしいんですよね。イヤハヤナントモ

 

そんなわけで今回、ダイニングキッチンのシーリングライトもLEDに買い替えました。

あたらしいシーリングライトは、いままでのものよりひと回り小さいです。

LEDも年々安くなっているらしく、以前買ったときは8畳用が1万円を超えていましたが、今回は6千円台でお安く買えました。

 

もともとシーリングライトに買い替えるまえは、夫が独身時代からつかっていたペンダントライトでした。

その中には、義姉が使っていたピンクのペンダントライトもありました。ヒー

 

まだ使えるから使う、ではなく、いま使いたいものを使う。

わが家のシーリングライトへの買い替えは、いま使いたいものを使ってみたい気持ちから始まりました。

天井はすっきりしたし、明るくなったし、ほこりの掃除も簡単です。

シーリングライトは、節電効果よりも見た目の効果を大きく感じます。

買い替えてよかった、とつくづく思いました。

 

今回の買い替えは、よりコンパクトサイズになってスッキリ。

大きさで、こんなにも印象が変わるのだ、と感心しました。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました