ノコギリクワガタを捕まえたので飼ってみることにした、夏。※虫注意

ダイソーの朽ち木と拾った枝 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

7月某日朝、玄関周辺の掃除をしていました。

ガスメーターのかげにほうきを突っ込んで、ほこりをかき出してみたら、なにやら黒い動くもの。

ギャッ、と心の中で叫んだ40代主婦。

しかし動きがおそい、よくよく見れば、いいクワを持っています。

そうです、クワガタでした!

※以下、虫注意です。

スポンサーリンク

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ、ダイソーの飼育ケース

この水牛っぽいのはなんだっけ? ミヤマクワガタだっけ?

と、うろ覚えで検索してみたところ、どうやら、わたしがつかまえたのはノコギリクワガタでした。

りっぱに水牛っぽいクワになってます。

 

わが家には小3男子がいるし、さっそく飼わなくちゃ!

と思って、とりあえず小3息子が土を入れた(アリを飼う予定だった)飼育ケースにノコギリクワガタを入れました。

あとで調べたら、乾燥に弱いとのこと。

あんなほこりっぽい土の中に入れてすまんかったです。

とりあえず用意したもの

ダイソーの昆虫ゼリー、昆虫マット、朽ち木

  • なにはともあれ昆虫ゼリー(ヨーグルト味)
  • 昆虫マット(朽ち木をこまかく砕いたもの)
  • 朽ち木
  • ちょっと太めの枝

いちばん下の枝以外は、ぜんぶダイソーで購入。

昆虫ゼリーは生まれてはじめて買いました。

だいたいさ、昆虫ごときにゼリーを買い与えるなんて、ぜいたくだよねェ、と思っていた40代主婦です。

 

しかし、昆虫ゼリーって、栄養があるんですってね、おかげで昆虫が長生きするんですってね。

そう知ってからは、昆虫を飼うなら迷わず昆虫ゼリーを買ってあげようと思っていました。

いまがまさしくそのとき!

 

小3息子の汚い飼育ケースを洗って、昆虫マット(朽ち木をこまかく砕いたもの)を敷きつめました。

霧吹きでシュッシュッシュ。

なんというぜいたく空間。

ダイソーからの帰り道に拾った枝を配置して、完成です!

(ほんとうは昆虫ゼリーがひっくり返らないように、ゼリー台もいっしょに買いたかったのですが、ダイソーにはありませんでした)

 

さて、このように完成したノコギリクワガタのステキ空間。

やっつけ仕事ではありますが、とりあえずかたちをととのえることができました。

問題は、わが家の小3息子(ぬいぐるみ男子)がノコギリクワガタを飼育できるのか、という点にあります。

 

いままでわが家で飼った生物はカタツムリ。

世話をしたのはほぼわたしです。

カタツムリは半年くらい飼っていました。

 

そもそも小3息子は、ノコギリクワガタにさわることができるのでしょうか?

アリ、ダンゴムシ、カタツムリ、ミミズくらいはさわれる、と知っています。

しかし、ノコギリクワガタはどうだ?

うーん。

 

まあ、ノコギリクワガタにおびえてキャッキャする小3息子を見るのも、いいよね。

夏ですし、昆虫の飼育をしてみてもいいんじゃないかな、と思います。

いまは昆虫ゼリーとかいう便利なものもございますしね。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました