デジカメが静電気でこわれるなんて知りませんでした。

カメライメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

つい昨日のことです。

40代夫が机の上からデジカメを手に取りました。

バキッ。

と、まるでプラスチックが折れたような音が聞こえました。

なになに、どうしたの?

スポンサーリンク

デジカメが静電気で故障するなんて知らなかったよ

カメライメージ

40代夫自身も、なにが起こったかわかっていなかったようす。

なにか踏んづけた?

なにも落ちてない、踏んでない。

 

もしかして、と40代夫がデジカメのスイッチを押しました。

ウンともスンともいわない。

デジカメはレンズが出たまま、引っ込みもしないのです。

あーぁ。

 

どういうことかわかっていなかった40代主婦です。

なんと、デジカメは静電気でこわれるらしいね! シラナカッタ!

そんなことも知らずに、ずっと使いつづけていた40代主婦。

 

この雨続きの夏に、静電気?

40代夫、がっくりです。

 

故障したデジカメは2015年に購入しました。

デジカメとしては4台目です。

いやいや、でもでも、いままで静電気でこわれたことがなかったのでー。

静電気の一撃でこわれるなんて、知らなかったんですよね。

 

静電気、ね。

バシッ、とか、バキッ、とか、そんな音でした。

静電気って、あんな音をたてるんだ? という。

静電気を放出した40代夫本人も「痛くなかった」「わからなかった」といっておりましたし。

でも、こわしたの、あなた↑だから。

 

デジカメを買うときにも、静電気対策なんて考えたことがなかったし!

あんなに簡単に?

しかも、静電気が多いといわれている冬ではなく、いまは夏ですよー。

 

というわけで、いま、わが家にはレンズが出たままのデジカメ(DSC-HX60V)が置いてあります。

修理費の目安は16,200円(税別)だそうです。

さらに輸送料1,200円(税別)もかかる、という。

デジタルカメラ修理費、目安

SONY、修理料金の目安より

デジカメ、静電気、故障、修理

WEBで修理の申し込みをしました。

最近の家族イベントの写真は、パソコンに移動してあったのでよかったです。

 

しばらく、ブログに写真がありませんが、ご了承ください。

みたいな。

そんな感じです。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました