片づいてきたから、気になっていたところに手が伸びてきました。

和室、敷居、畳イメージ 掃除
スポンサーリンク

あっちが片づくと、こっちも片づく。

話には聞いていましたが、さいきんわかってきました。

気になっていた部分をすっきりさせつづけています。

あっちもこっちも、気になっていました。

そしてとうとう、地獄の釜のフタを開けてしまった気がします。

おそろしくなって、ちょっと掃除機で吸い込んだだけで閉じました。

スポンサーリンク

賃貸だから、と畳を放置してました

和室、畳イメージ

いままでの賃貸暮らし人生で、畳を持ちあげたことなんて、いちどとしてなかったんです。

でも、ちょっと、きまぐれで持ちあげてしまったッ!

筆舌に尽くしがたい、ヤバイ光景です。

ヤバイヤバイヤバイヤバイ。

とにかく、はなはだしいのです。

 

えー、かれこれ、8年? 放置、ですからね。

畳といっても、すきまがありますね?

そのすきまへ向かって、いろいろなものが入りこんでいたんですね。

わが家の和室は、子供部屋になっていて、さらにいまは寝室でもあります。

 

ホコリとかカツオブシムシの死骸だけじゃなく、シールのシートや、ビニールのパッケージまで入っていてビックリしました。

ま、とにかく、すごい光景でした。

これは、いかん。

 

たまたま、「ここ、持ちあがりそうだな」と思った畳のふちをヒョイと持ちあげて、おそろしくキタナイ光景を見てしまいました。

半畳ほどを持ちあげ、のぞいて見ただけで、とんでもないことになっているのがわかりました。

畳をそっともどして、掃除機。

半畳ほどを持ちあげ、目につく大きなホコリを掃除機で吸い込みました。

とにかくホコリだらけでした。

これが、わたしが、うすうす感じちゃいたけれど、見て見ぬふりしていた場所ですよ、と。

 

おそろしい。

わたしはこのあと、マスクをして、ほんきで、畳の下に掃除機をかけようと思っているのです。

8年分のツケを支払ってくるぜ、という気持ちで。

とりあえず、心を落ちつけようと思って、こんなことを書いておりますが。

 

それにしても、畳はやっかいですね。

そもそも賃貸住宅における畳って、いい畳を使っているわけじゃなし。

ボロボロになってもそのまま使って、畳の繊維が服にくっついてきてイラッとするし。

つぎに引っ越すなら、畳なしがいいんじゃないかなって思ってます。

それか、さいしょにカーペットやマットを敷いて暮らす、とか。

そんな感じ、ですね。

畳がぼろくなったときが引っ越し時である、とか。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました