入試当日の自己採点後と面接後。

勉強をしない中3娘、受験生 中学校のこと
中学生女子
スポンサーリンク

とりあえず、前期おわった状態の中3娘と暮らす40代母です。

自己採点して落ち込むと、翌日の面接にひびくから、しないほうがいいのではないか?

そんな考えもあったのですが、中3娘がわりと冷静に、泣きさけぶことなく帰宅したので。

それで、自己採点をいたしました。

スポンサーリンク

入試当日に解答が発表されるとは知らなんだ

勉強をしない中3娘、受験生
中学生女子

いまどきって、そうなの?

それとも、やっぱり激戦区的な問題なのですか?

中3娘にいわれて、ネットで探したらすぐに入試の解答が見つかりました。

で、そこからさきは、中3娘の「あ゛ー」「うわッ」「おぉー」「書きかえるんじゃなかった」などの声を聞きながら、点数の報告を受けました。

たぶん、受かってると思う。

まぁ、それは、受けるまえから思っていたんだけど。

たぶん、だいじょうぶだと思うんですよ。

そんな点数でした。

倍率もそれほどじゃなかったし。

と、思っているんですけどねェ、の状態。

ただ、思いもよらない国語、英語の不調。

そして、自己採点で最高点をたたき出したのが、理科だったというミラクル。

国語の作文点を入れたとしても、せいぜい10点か8点なので、理科に負けています。

これはもう、リケジョだな。

そういって、中3娘をそそのかしております。

そんな入試当日の中3娘、思いのほか落ちついていて、「後期の準備しておく」とはいうものの、おたけびをあげていなかったので、大丈夫そうでした。

中3娘は、翌日の面接にわりと自信があったのだと思います。

ところがどっこい。

面接後に落ちこむ中3女子

まー、中学生だからね。

春からの高校生活がコレにかかっている、って思ったら、緊張しないわけがないですよ。

そーなんですよ。

無理もないんですよ。

緊張してあったりまえなんだからさ。

そんなの面接官もわかっておるのよ?

なにがなんだか、具体的になにがどうとはいわないのですが、中3娘、面接がうまくいかなかったらしいです。

でもそれは、中3娘からみて、です。

入試の自己採点みたいに、自分でおおよその点数が出せるわけでもないから、中3娘は自分できびしく減点しているのでしょう。

面接自体は、よほどヤバイ中学生でなければ大丈夫だと思うのですがー。

中3娘いわく、受け答えはできたけど、的を外れていると思いつつ、軌道修正できないまま突っ走ってしまった、ウワァアアアア、とのこと。

あと集団面接だったから、自分以外の受験生の受け答えが、輝いて見えてしまったらしいのだなァ。

そんなわけで。

中3娘は、頼みにしていた面接のできが悪かった、と自分で自分にダメ出しをして落ちこみ、勉強を始めました……。

謙虚ですね。

いちおう、後期があるんで。

もういちどチャンスがー、ラストチャンスがあるのでー。

まー、うん、がんばっておけ。

後悔ないように、あがいてください。

そんな気持ちで、見守っております。

まったくもって、気持ちの落ちつかない日々であります。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました