わが家の、iPhone騒動記。

iPhoneXr、女子高生、スマホ 補足・女子高校生編
スポンサーリンク

いま、まっただなかです。

4月から、わが家に女子高生様が誕生したので、ですね。

娘のスマホ、がんばったねぇ、3年間がんばったねぇ、記念です。

先週末から本気で手続きはじめて、ガラスフィルム買ったり、iPhoneケースを買ったり、あれやこれや買いそろえました。

スポンサーリンク

Androidから iPhoneへ

わがやにiPhoneがやってきた!!!

娘がわりと気にしないタイプなので。

Androidの中身をiPhoneに移す、という移行作業をしませんでした。

というのも、娘のスマホは容量に空きがなく、AndroidからiPhoneへ移行するときに使う「iOS」なるアプリはたぶん入らなかった、と思うんですよね。

たぶん。

そんなこんなだったので、娘はいま、あらたな気持ちでiPhoneに向かっています。

iPhoneに変更するために、やったこと

本体iPhoneをApple公式サイトで買う

値段見て、ドッヒャー、なわけですけど。

コレがわたしたちの買う、「娘への最後のスマホ」と思うことで平静を保とうとした40代母です。

容量は大きめの256GBにしました。ドッヒャー

買ったのはちょい安いので、XRを選びました。

購入したら、登録したメールアドレスにメールが来て、さらに翌日の朝、確認の電話が来ました。

高価なお買物だから、ね?

で、金曜の夜の申し込みで、日曜の昼にはiPhone到着です。

iPhoneXr、女子高生、スマホ

荷物を受けとって、意外に思ったのは、ダンボール箱には、Appleをにおわせるものがまったく印刷されていません。

Appleの文字も絵も、いっさいなし。

高価なものだからね?

iPhoneXr、女子高生、スマホ

夫は「BOSSジャン」の話を例にあげました。

つまり、リンゴマークがついていたら荷物に危険がおよぶ可能性がある、ってことじゃないか、ってことですよね、と納得しました。

そして家族全員立会いのもと、本体確認です。ドキドキ

顔認証だから、娘が顔をグルグルして登録していました。

あと、話には聞いていたSiriですね。

iPhoneXr、女子高生、スマホ

マイクロsimからナノsimへ

うちの家族、楽天モバイルの格安スマホなので。

しかも調べてみたら、店舗で交換できないタイプだったので、直接送って交換しました。

そうすると、スマホを使えない期間が出てきてしまうんですけども。

娘の希望は、「高校デビューにまにあわせたい!」とのことなので、iPhoneの購入申し込みをしたあとで、さっさと楽天モバイルにsimカードのサイズ交換を申請しました。

はたして、まにあうのか? という不安。

このsimカードの変更を金曜の夜、楽天モバイルに申請して(3,000円)、寝て起きたら「もうスマホつながらなくなってた」と娘。

それからずっと、「ねーねー、いつ届くの?」「いつ届くの?」と聞かれました。

たえかねた夫がネットで調べてみると、公称「1週間」だが、実際には「2~3日」で届くことを知りました。

そして、金曜の夜にsimカード交換を申請して、日曜の夜にはナノsimカードが届いたのです。

ということは、2日ですね。

ヤマトさんが届けてくれたのですが、そのときに「最終便で届きました」とひとこといっていたので、ぎりぎり日曜の夜にまにあいましたよ、みたいな意味だったのかな、と。

この速さ、ほんとうにありがたいことです。

まずは、LINEでつながるよね

なにはともあれ、家族で連絡取れるように、と娘のiPhoneにLINEを入れました。

そのときに、娘がいうには以前のアカウントが引き継げそうなメッセージが出たらしいのですが、「過去を断ち切る」とばかりに娘はあらたなアカウントをつくったのでありました。

そして、家族がひざを突き合わせて、ふるふるで友達追加。

やれやれ、これで一安心、入学式で友達ができるといいねー、がんばってー。

みたいな、そんな流れだった週末なんですけども。

入学式後の合流で、まさかの「インターネットにつながらなかった!」と娘のおかんむりに遭遇しました。

そうです。

家のなかでずっとwi-fi接続していたものだから、APN設定するのを忘れていた、という。

そんな、高校iPhoneデビューを果たしたわが娘でありました。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました