しあわせな死に方について。

SNSフォローボタン

同居していた祖母が亡くなるときに。

亡くなった年の夏に、祖母はいちど昏睡状態というのか、深い眠りに落ちました。

母がなんどもなんども大きな声で呼びかけましたが、目が覚めないのです。

それで、当時大学生だった兄があわてて帰省しました。

その日だったか、翌日だったか、祖母は目を覚ましました。

「いい気持だったぃ」

スポンサーリンク

母は、「眠っていたら起こさなくていい」といっています

雲イメージ
その後、母は、自分が祖母のように深い眠りに落ちていたら、そのまま起こさなくていい、というようになりました。

無理に起こすことはない、と。

わたしはすでに実家を出ていますから、そのことは、いちばん近くに住んでいる兄によく伝えておくように、母にいいました。

わたしではまにあわないと思いますから。

今日、父の従兄弟が亡くなりました。

夜中過ぎに、心筋梗塞だったそうです。

87歳。

夏野菜の苗を植え、この夏の準備していたそうです。

ずっと農業をしていましたが、数年前に仕事としての農業は引退して、好きなことをしてあそびのある日々を過ごしていたそうです。

惜しい、と思えるくらいがちょうどいいんだ、と父がいいました。

病気で寝込むこともなく、突然に。

元気な姿しか知らず。

数日前から微熱があったそうです。

父を通して、レタスやじゃがいもなど、わたしもいろいろな野菜をいただいていました。

父が兄貴と慕っていた人です。

自分がつくった野菜を人にあげるのが好きだったそうです。

いい人生だった、と人からいわれる生き方でした。

ではまたー。

トップへ戻る