自分のサイズに合わせて道具をえらびます。

SNSフォローボタン

夫婦で生活していると、つい兼用ですませたくなります。

記憶にある失敗は、スリングでした。←当時、出始めだった

夫にもつかえるように、と思って買ったら、わたしにはどうしても大きかった。

わたし150cm、夫186cmです。

けっきょく、べつのスリングを買いました。計2個。

わたしは、あとから買ったスリングしか使いませんでした。

自分のサイズに合わないものは、使いにくい。

むりしてつかっていても、使わなくなる。

スポンサーリンク

自分の手に合わせて道具の大きさを考える

グローバルの包丁イメージ

それで、包丁を買うときに注意したのが、その長さと重さでした。

そのときまでわたしがつかっていたのは、夫が実家から持ってきた包丁です。

手元のほうがすり減っていて、よくといでつかってきたんだなー、という感じの。

ふるい包丁です。

わたしがあたらしく選んだ包丁は、すこし小さめの包丁でした。

でも、そういえば、わたし自身が小さめなわけです。

ちょっと小さめな包丁は、わたしにちょうどよかったのです。

一般的なサイズに合わせるのではなくて、自分のサイズに合わせる。

それって、じつは、たいへんなこともあります。

たとえば、手袋のサイズ、なかなかぴったりなのはありません。

服や小物、道具だけではなくて、生活も。

自分のサイズに合わせて、小さく暮らしています。

ではまたー。

トップへ戻る