端午の節句には兜飾りと鯉のぼりを飾りました。

SNSフォローボタン

4人家族です。

中1の娘と小2息子、という2人の子供がいます。

夫の実家からは、雛人形、兜飾り。

わたしの実家からは、鯉のぼりをそれぞれ受け取っています。

スポンサーリンク

雛人形、兜飾りは玄関にかざる、わが家の事情

端午の節句、兜飾り

いや、だって、場所がないですからね。

雛人形も兜飾りも、下駄箱の上にかざっています。

しかも玄関のドアを開けると、すぐに目に飛び込む位置です。

メリットは、時期が過ぎたら早く片づけなくちゃ、という気持ちになることです。

雨の日が続くとなかなかしまえなくて、うしろめたくなる点も、むしろメリットです。

片づけずにはいられません。

雛人形、兜飾り、鯉のぼりはここにしまっています

かれこれ築年数30年を超える賃貸アパート暮らしですから。

しまう場所といったら、押入れです。

押入れ、枕棚の収納

押入れの枕棚(まくらだな)と呼ばれる部分です。

いちおう、ここにぜんぶ入ります。

いちばん箱が多いのが雛人形の3箱、兜飾り、鯉のぼりは1箱ずつにまとまっています。

ふだんじゃまにならない場所なので、ふだんは忘れています。

だいたい、飾るべき時期の数日前とか、当日にあわてて飾ります。

今年は黒い鯉のぼりを1匹だけ、外に泳がせました

今年はもう、鯉のぼりは家のなかに泳がせちゃいなよ! ←壁に張る

と夫が提案したのですが、息子が外にかざって欲しい、というので、外にかざりました。

息子は、鯉のぼりの先についている、回転球と矢車が動くのを見たいのです。

息子の鯉のぼりは、吹き流しと鯉のぼり4匹がついています。

でも、毎年、飾っているのは鯉のぼり1、2匹です。

ちなみに今年は1匹!

断捨離するもの、しないもの

こういうのは、子供がいただいたものなのでー。

いちおう、いまのうちは取っておきます。

そして、子供の求めに応じてかざります。

そういうものだと思って、家に置いておくものは置いておきます。

子供がよろこんでくれるうちは、それでいい。

子育てをしていると、ものには必要な時期もあれば、いらなくなる時期もあるのがわかります。

むやみに取っておかなくていい。

また、やっきになって手放さなくてもいい。

ではまたー。

トップへ戻る