子供用の食器がいらなくなる時期がやってまいりました。

SNSフォローボタン

娘が子供用の食器を使っていたのはいつまでだったでしょう。

そろそろ息子が子供用の食器を手ばなす時期がきたようです。

思い返すと、子供用の食器は、それぞれ3人の方からいただきました。

1人目はわたしの友人。

2人目は夫の当時の同僚。

3人目は夫の姉。

子供用の食器

子供用の食器が捨てられなかったので、外遊び用にしました

ピジョンの子供用食器セットは、わたしの友人からの贈り物でした。

娘の出産時にいただいて、息子が使い、そのあと砂場遊び用にしました。

ピジョンの食器セットでしたが、正直、使えるものと使えないものがありました。

使えるものは使ったけれど、これは使わないな、というものは引っ越しのときに捨てました。

息子が使い終えたあとに、砂場遊びセットのなかに入れました。

先月、砂場遊びセットは、息子が厳選したので、2個を残して全捨てでした。

砂場遊びセットに入っていた食器は、全捨ての中にふくまれていました。

子供用の食器も残っているのは1枚だけ

そして、いよいよ子供用の食器も残り1枚になりました。

夫の当時の同僚からいただいたものです。

子供用の食器として5年ほど活躍した1枚です。

さいしょはコップとスプーンがセットになっていました。

スプーンは使いにくかったので、カトラリーの断捨離をしたときに捨てました。

コップは去年まで息子が使っていました。

しかし、ぐでたまコップとポケモンマグカップを手に入れた息子は、長年愛用したコップをあっさり手放したのです。

子供用の食器が捨てられなかった夫の姉の場合

夫の姉、つまり義姉から、子供用の食器をいただいたことがあります。

義姉さん、さすがです。

義姉がくれたのは、義姉の子供たちの卒園記念の絵皿です。

ぐりとぐらの山脇百合子さんの絵でした。

2枚いただいて、使っているうちに、1枚が欠けて捨てました。

残る1枚は、使う必要がないな、と気がついたので捨てました。

わたしの子供たちが、義姉の子供たちの卒園記念品の皿を使う必要なんてないのです。

義姉は捨てられない人です。

自分が捨てられないから、他人にあげるのです。

わたしの母とおなじです。

わたしの伯母(母の姉)ともおなじです。

こういう人は、たくさんいます。

それで、そうした捨てられない人のかわりに、捨てました。

子供用の食器にしろなんにしろ、使わなくなったら処分する

必要なときがあり、いらなくなるときがある。

子供のものって、使える時期がみじかいです。

子供用の食器は、食事に使ったらもう十分。

砂場遊び用にしなくてもよかったんです。

よく使ったなー、でおしまいです。

子供の持ちものは、それが必要なときはあっていい。

でも、必要がなくなったら、いさぎよく処分する。

このさき、子供に必要なものは、成長に合わせて変わっていきます。

処分していかなければ、必要なものが入らなくなっていきます。

まー、場所があればね、取っておいてもいいと思いますが。

もし取っておいても、たいていのご家庭の場合、薄汚れたほこりまみれの状態で発掘されるだけです。

いや、すばらしい保存状態で発掘されたとしても、だからどうだ、という……。

そういえば、わたしの実家には、末っ子であるわたしが高校生になっても、紙袋の中に入れた哺乳瓶が、食器棚のなかに取っておいてありました。

伯母が捨てたと思います。

実家に長いあいだ残されていた子供時代の遺物を思い返しますと、捨てなくちゃッ、と気分が高まります。

実家で哺乳瓶を入れていた茶色い紙袋は、油とほこりに黒くべったりと汚れていました。

そういうものが10数年も食器棚に置いてある。

まるで、ホラーみたいじゃありませんか。

まー、そんなことを思えば、捨てられるんですよ。

ではまたー。

トップへ戻る