ゴミ袋にゆとりがあるときは、いらないものを処分するきっかけにしています。

SNSフォローボタン

ゴミの回収日の朝、ゴミ袋によゆうがあるときは、いますぐ捨てられるものを考えます。

今日は、可燃ゴミの回収日でした。

しかも木曜日だから、ゴミが少ないんです。

10Lのゴミ袋に半分くらいしか入っていませんでした。

わが家のある地区は、ゴミの回収は週2回、月・木です。

月曜日はふつうに10Lのゴミ袋がいっぱいになるのですが、木曜日は10Lのゴミ袋にあきがあることが多いです。

今朝の場合は、娘の部屋のゴミを入れても、半分以上になりませんでした。

そこで、息子がはかないといっていたファスナー仕様のジーンズをゴミ袋にポイ。

これでやっと10Lのゴミ袋が半分くらい入りました。

スポンサーリンク

ゴミ回収の朝は決断が早くなります

ダルトン、ゴミ箱、缶イメージ

そこで、ハギレを見直して処分することに決めました。

朝ですから、決断は早いです。

早く決断をしないと、ゴミ回収車がきてしまいますから。

そういう意味で、可燃ゴミの回収日の朝は、それまで優柔不断にして「ま、いっか」としまい込んだものを捨てるのに絶好の機会なのです。

たしかに、とっておいたハギレをウェスにしてから捨てよう、と考えることもできるのですが、そのひと手間を考えたときに、ガラクタがしまい込まれたままになってしまう。

いやー、今朝のハギレの断捨離も、あ、ウェスにすればよかったのか、と思ったけれど、もうゴミ袋の口をしばったあとです。

こうなったら、ゴミ袋からなにかを取り出す気持ちにはなれないですよね。

だから、いらないものを処分するときは、とりあえずゴミ袋に入れて、口をしばっちゃうんです。

そこまでできたら、もう、しばったゴミ袋の口をほどいて取り出して、なんて気にはならない。

ということで、わたしがためていたハギレは、ウェスになることもなく、そのまま捨てられていきました。

今日もすこしずつ、片づけられてよかったです。

捨てるハギレがもったいない、と考えるよりも、10Lのゴミ袋にあきがあるまま捨てちゃうのはもったいない、と思うようになっています。

ゴミを捨てられる週に2回のチャンス、たいせつに生かしていきます。

ではまたー。

トップへ戻る