あるキレイ好きな女性の選択。

SNSフォローボタン

その人は、当時アラフォー、いまアラフィフ、キレイ好きです。

どのくらいキレイ好きかというと、夜中にカップラーメンを食べている息子が、食べおわるのを待たずにはいられないくらい、キレイ好きなのです。

どういうことか、ともうしますと。

息子が食べ終えたあとの片づけを終えないことには、眠れない、眠ってなんかいられないタイプのキレイ好きなのです。

シンクの汚れを放置したままでは、眠ることができない人なのです。

スポンサーリンク

新築、庭なし

ほうきとちりとりイメージ

わたしはその人のお店に出入りしているだけですから、ご自宅のことは存じあげないのですが。

「いつゥ来ても、人が住んでねぇみてぇな家だなァ」と叔父さんにいわれたそうです。

その人のご自宅には、庭がありません。

花を植えるような土部分は、いっさいないのです。

その人のキレイ好きは母親から受け継がれているのだそうです。

庭について、その人はこういっていました。

「子供の頃にね、母親がピンセットをつかって庭の草むしりをしていたのを見てね。わたしも、ああなるんじゃないかと思って」

と、その人は苦笑いをしました。

だから、自宅を新築したときに、庭をつくらなかったのだそうです。

むりもありません。

鉢植えを置けば、散った花びら1枚、落ちた葉の1枚にいたるまで、ひろいあつめるであろう、その人の性格です。

毎日、洗濯機を3回まわし、休みの日には6回まわす。

これ以上、することを増やせないのです。

ちなみに、その人の趣味はファッションです。

空調を完備したバッグの部屋があり、衣裳部屋があるそうです。

すでに次元がちがう、と思います。

いずれにせよ、他人とちがうことをするなら、切り捨てていいものがあります。

みんなといっしょの横ならびになりたくないならば、意識的に。

ではまたー。

トップへ戻る