日常からかけ離れた言葉を、自分なりに理解しようとしたときの40代主婦の頭のなかについて。

SNSフォローボタン

先日、夫が小学2年生の息子を連れて市民プールに行きました。

その日は市民プールでイベントがあり、とても混雑していたのだそうです。

夜、夫婦二人きりになったとき、夫が話し出しました。

(夫)「黄色いラッシュガードを着た子供連れの人がいたんだよ」

(妻)「うん」

(夫)「モンモンが描いてあったんだよね」

(妻)「へぇー」

たったこれだけの夫婦の会話に、すでに誤解が生じています。

スポンサーリンク

40代主婦が思い浮かべたモンモン

「へぇー」と返事をした40代主婦の頭の中に浮かんだのは「モンモン」すなわち、つの丸先生描くところの、だらしなく鼻水をたらしたおさるの顔だったのです。

参考→wiki「モンモンモン」(「モンモンモン」はモンモンを主人公とするマンガの題名です)

つの丸先生のモンモン(模写)

「へぇー」という言葉の中には、(いまどき「モンモン」の描いてあるラッシュガードかぁ、黄色だったらモンモンもありかな、サルだし、バナナだし、ありだな)というニュアンスがふくまれていました。

40代主婦のあたまのなか↓

  • モンモン→鼻水をたらしたサルの顔を思い浮かべる→いまどきモンモン?(疑問)
  • 黄色いラッシュガード→バナナの色→サルはバナナが好き→黄色いラッシュガードにさるのモンモン(納得)

黄色、バナナ、おさるのモンモン

夫婦はおたがいの微妙な顔つきから、「モンモン」にたいする理解にゆきちがいがあることを察知したのでした。

日常的モンモン、非日常的モンモン

夫が見たモンモンは、背中一面にモンモンしていたそうです。

そういわれたときにも、40代主婦の頭はまだおさるのモンモンだったから、ワンポイントじゃなくて、連続模様のモンモン(おさる)だったんだー、と脳内モンモンを修正していました。

だってね、市民プールですよ?

倶利伽羅紋紋は存在したとしても、ラッシュガードによって、見えないはずなのです。

だから、市民プールに倶利伽羅紋紋は存在しないと思いこんでいました。

しかし、まさか黄色いラッシュガードが透けねらい、見せモンモンだったとはー。

その手があったか。

ではまたー。

トップへ戻る