いただいたお古のぬいぐるみは情がわかないうちに捨てました。

SNSフォローボタン

わが家でおもちゃを買うのはとくべつなときだけです。

誕生日、クリスマス、おでかけのとき。

おでかけのとき、というのがクセモノで、息子がぬいぐるみを欲しがるようになりました。

ぬいぐるみというのは、捨てにくいおもちゃです。

おもちゃっていうよりも、相棒というか、仲間になってません?

それでも、かなり減らしたのです。

スポンサーリンク

あえてゴミ箱役になってみた時期もありました

ぬいぐるみイメージ 

一時期、どうかしているほど大量に、義姉と姪からお古のぬいぐるみをいただくことがありました。

娘が生まれて、数年たった頃です。

おさがりの服ならともかく、お古のぬいぐるみ、おさがりのぬいぐるみです。

娘とおなじくらいか、娘よりも大きいぬいぐるみまでありました。

帰省するたびにもらっていたら(嫁はことわれない)、ぬいぐるみの山ができました。

さすがに夫と相談して、捨てることにしました。

こちとら賃貸住まいですからね、ぬいぐるみ部屋があるわけじゃないからね。

笑顔で受けとり、帰宅するなり速攻ゴミ袋、という流れです。

自分が捨てられないものを他人にあげるのって、他人をゴミ箱にしているのとおなじ

自分では捨てられないから、他人にあげているだけなんだ。

そう思ってからは、捨てられない人のかわりに、わたしが捨てればいい、と思って捨てられるようになりました。

だって、帰省するたびにあれもこれもって、45Lのゴミ袋換算で1袋くらい、お古のぬいぐるみをくれるんです。

わが家で1袋をうけとった分、姪の部屋が片づくってわけなんです。←どーなの、これ

これが2年くらいはつづいたのではないでしょうか。

いま、姪は成人して1人暮らしをしていますから、もうそんなことはありませんけど。

自分たちがこんな目にあっていると、つくづく、ゴミは自分で捨てよう、ってなります。

「よかったら、つかってね。いらなかったら、捨てていいから」

そんな言葉とともに押しつけられたものは、だいたいゴミ。まずゴミ。しょせんゴミ。

お古のぬいぐるみは娘が情をうつすまえに、さっさと捨てました。

息子がぬいぐるみ好きとわかったときには、お古のぬいぐるみはほとんど捨てたあとだったので、たすかりました。

だって、息子に「捨てないで」って、いわれたら、捨てられんですよ、これは。

息子がぬいぐるみにまみれながら、プーさんを抱きしめて「捨てないで」なんていったら。

想像しただけでとんだ破壊力ですよ、これは。

いやはや、早めに決断して、捨ててよかったぬいぐるみ。

ではまたー。

トップへ戻る