カビの生えたフォーマルシューズを捨てることにしました。

SNSフォローボタン

4人家族です。

次回の卒業式は2年後です。

冠婚葬祭がいつあるかなんてわからないけど、そのときも黒のパンプスくらいは持っているんじゃないかな。

そう思ったら、フォーマルはこの1足と決めていた、黒のフォーマルシューズを捨てることができました。

現在の40代主婦に思いつくかぎりでは、子供たちの卒入学式、それから葬式と結婚式がフォーマルシューズの出番です。

予定としては2年後の娘の卒業式、卒業式のあとは入学式。

2年後まで、このカビの生えたフォーマルシューズをとっておくの? って思ったら、笑いがこみあげてきて、捨てることにしました。

スポンサーリンク

とりあえず、間に合う持ちもので暮らしている

コンフォートパンプス、歩けるパンプス、イメージ

靴は、黒いパンプスがあれば間にあうでしょ、という考えにいたりました。

突発的なのはお葬式。

ありそうでないのが、結婚式。

結婚式に関しては、年頃の姪や甥が数人います。

でも、もしかすると挙式なしってこともありうるこのご時世ですから、結婚式に関しては備えていません。

まー、つねにちょっとこぎれいな1足をキープしておく、ということができれば大丈夫なのではなかろうか、と。

最近読んだ本にあったのですが。

専業農家の男性が、おなじ長靴を4足持っているんですね。

4足だったか、5足だったか、忘れてしまいましたけど。

まったくおなじ長靴なのですが、その長靴がいちばんよいのだそうです。

試行錯誤のうえでたどりついたのが、その長靴なわけです。

それで、その長靴にもよそいきがあって、いちばんきれいな長靴がJAとかに行くとき用なのだ、と。

よく、ふきんのつかい方として、さいしょは食器用にはじめって、台ふきんになってぞうきんになるという。

それの長靴版の考えかたなんですよね。

まー、わたしの場合、1足これ、と決まっているわけではないのですが、2、3足の靴をまわしていこうかと思います。

フォーマルシューズを捨てたので、いまの持ち靴は3足。

黒のパンプスが2足と黒のブーツが1足です。

ブーツは防水加工がしてあって、とてもよいので、つぎもこのメーカーで買うと決めています。

あとは黒のパンプスを入れかえつつ、試行錯誤でー。

ではまたー。

トップへ戻る