年賀状の断捨離は自然まかせで減らしています。

SNSフォローボタン

新年があけまして、10日あまり。

わが家にも、ぽつぽつ年賀状が届いています。

いまどきは、ぜったいに元旦到着、と気合い入れている人は少なくて、来たら出す派が多い気がします。

まー、わが家に届く年賀状は、だいたいそんな感じでして。

7日を過ぎてからも、ゆっくりと年賀状が届いています。

スポンサーリンク

年賀状は自然にまかせて、断捨離しない

お正月イメージ

わが家では毎年、年賀状を出しています。

このところ、郵便局勤めの方とご縁があって、その人を通して年賀状を買っています。

毎年50枚ほど買っているのですが。

「すくなくって申しわけないんですけどー」なんていったら、いまどき年賀状50枚って多いほうなのだそうです。

むかしの、実家にいた頃の感覚だと、年賀状といえば200枚、300枚って気がしていました。

いまは一家で50枚購入でも多いとはー。

年賀状は出さない、ってご家庭もあるからでしょうか。

わが家の年賀状の内訳は、夫婦それぞれの親戚関係と友達。

これで40枚くらい。

娘、息子の分を合わせて10枚弱くらいです。

あとは、親戚の伯父伯母関係が、年々自然と減っていきます。

伯父伯母への年賀状は、結婚後から始まった年賀状習慣です。

あちらからの返事は90%ないのですが、義理で出しています。

こういう部分を断捨離する考えかたもあるとわかっていますが、いずれ、滅びるおつきあいだとわかっているので、それまでは出すことにしています。

夫のドライな伯父さんの話

さて。

夫の亡父は、末っ子でありながら、長男(伯父)が家を継がなかったために跡取りとなった人です。

わたしは亡義父にも、伯父さんにもお会いしたことがありません。

で、その伯父さんは、田舎を出て、都内に家を建てました。

そして、亡父のお葬式のときにやってきた伯父さんは、実家との絶縁宣言をしたのだそうです。

当時、伯父さんにとって、両親は亡くなっており、あとを継いだ弟(亡父)も亡くなりました。

もう、実家には縁がなくなったから、という話でした。

義母によると、その伯父さんは子育てもきびしく、お金にきちんとした人みたいでした。

合理的というのかな。

さすが都内に3階建てのマイホームを建てただけはある、というような。

その後、伯父さんの奥さんが亡くなったのだそうです。

でも、伯父さんはその知らせを、義母たちにしなかったので、義母カンカンだった、という話を夫から聞きました。

実家に両親もいない、兄弟いもない、となったら、実家といえど実家ではない。

伯父さんのような縁切りという人付き合いも、ひとつの方法なのかなーと。

田舎のお付き合いって、いつまでってわからないことがありますから。

ただなー、自分の出生によって、血のつながりを名乗ることによって、「そーか、そーか」と歓迎されるようなのが、親戚親類関係なんじゃないかなーと思うところがあって。

そーいう、血のつながりにたいする気持ちは、残っていていいんじゃないかなーと。

なんか、こう、昔話的な、幻想めいているとは思うのですが。

あるいは、名乗ったとったんに、相手に警戒の色が浮かぶような、そんな。

血縁て、そんなイメージ。

ではまたー。

トップへ戻る