いまとむかしをはかりにかけりゃ、いまが重たい、なんとやら。

SNSフォローボタン

このところ、写真、アルバム、子供のモノなど、思い出ジャンルにつまづいています。

とりあえずは、あとまわしだッ。

でもね、だいたい、自分のモノは捨てていけるんです。

なぜって、自分のモノは自分で判断ができるから。

それに通信簿も卒業アルバムも卒業証書も、みんな実家に残してるからです。

もし手元にあったら、大学の卒業証書くらいは取っておくかもしれないけど、ほかは捨てます。

自分の10代って、そんなにいい思い出がないというか、まあ、うん。

スポンサーリンク

いまとむかし、どっち?

古い写真イメージ

むかしのモノをとっておいたとして。

こんなのがまだあったんだね、というていどじゃないかな。

それで、さくっと捨てられたらいいんじゃないかな。

しかし、そこに捨てる考えがないとしたら、こんなのがまだあったんだね、ふーん、なつかしい、とかなんとかいって、また元に戻すってことになります。アルアル

あってもなくてもいいモノなんだけど、そもそも捨てるという発想がないから捨てない。

だって、捨てる必要がある? 置いとけばいいじゃん。

なにかに使えるかもしれないし、だれかが見るかもしれないし。

わたしはいらないけど、だれかがー、いつかー。

なんですかね、もし実家に帰る機会があったら、卒業アルバムを処分したいんですよね。

通信簿も処分したいです。

見たいと思う? ←思わない

見せたいと思う? ←思わない

本人って、そんなものなんですよね。

ということは、わが家の子供たちのモノもたぶんそんな感じ。

本人たちは捨てちゃうと思う。

それを、アッ、待って待ってってしたくなるのは親のほう、こっちのつごう。フー

大きな区切りとしたら、子供が家を出ていくときじゃない?

夫とも話したのですが、家を出るときにそのまま出ていったのが、わたしたち夫婦です。

夫の部屋はまるごと残っているらしいですけど、見たことがないのでわかりません。

義姉の部屋もそのままらしいです。

わたしのばあい、本が多数。

そんな反省がありまして、子供のモノは子供のうちに片づけていきたい気持ちがあるのです。

さて、すぐそこまで迫ってきた春休み、子供といっしょに片づけを。

長期休暇は、片づけにちょうどいい機会です。

ではまたー。

トップへ戻る