見るのがつらい写真を捨ててから、息子と話したこと。

SNSフォローボタン

息子は生後6か月ごろに入院したことがあります。

体重増加不良で入院したのです。

母乳にこだわっていたわけではないのですが、娘が母乳だったし、息子もあたりまえに母乳で育てていました。

しかし、6ヶ月検診のときに体重増加不良で入院が決まりました。

当時30代母には、かなりきついことでありました。

スポンサーリンク

当時の写真を見るのがつらい

人形イメージ

正直なところ、当時の痩せた息子の写真を見るのは、すごくつらいのです。

夫がどうしてその写真を見ていられるのか、アルバムに入れておけるのか。

体重増加不良って、母親の責任、で、す、よ、ね。

あとになって、その当時の担当医の言葉、保健センターの担当者との対話を思い出したときに、「そうか、わたしはネグレクトの疑いをかけられていたのだ」と気がついたのです。

保健センターの担当者さんは親切な人で、自分が子供を虐待したと疑われたときの話をしてくれたのですが、それって、つまり、その当時のわたしのことでした。

担当者の女性は、暗に(わたしも虐待を疑われたことがあるんですけどね)という話をしてくれたわけなのです。

ということに、気がついたのは数年前のことです。

もっと、ストレートにいってくれないか。

当時、まったく気がつかなかったんだ。

紹介されて通っていた桶谷式母乳マッサージの先生に「6ヶ月検診のときに、ここに通っていることを伝えなさい」といわれたのも、ネグレクト疑い回避的ななにかだったのかもしれない、とあとになって、ずっとあとになって気がつきました。

体重が少なくて入院するというのは、ほんとうにすごく体重が減っていたわけなので、その当時の写真、その前後の写真というのは、痩せこけた感じの、見るのがつらい写真なのです。

そんなふうに感じているのは、わたしだけなのか、夫は気にしていないみたいでした。

それで、見るたびにつらいので、その写真を処分しました。

息子の写真ですけど、3枚くらいやぶいて捨てました。

息子と病院の話をする

息子が体重増加不良で入院したという過去は、なによりわたし自身をさいなんでいました。

いまでは(当時も)、だれもわたしを責めることはないのだが、なによりわたし自身が。

ずっと心の中に、記憶の中に、ひっかかっていたのです。

息子を見つめるわたしのまなざしに、一片の翳りをあたえるのであった、というような。

わだかまり。

それで、先週。

その写真を3枚ほど捨てた翌週のことでしたが。

息子と道を歩いているときに、救急車のサイレンが聞こえました。

救急車はまっすぐ山沿いの道へむかいました。

その方向には、大きな病院があるのです。

かつて6ヶ月だった息子が入院していた病院です。

(40代母)「きっと○○病院にむかっていったんだよ」

(息子)「○○病院?」

(40代母)「うん。大きい病院」

(ひとしきり、○○病院について話す。長期入院の子供もいるので、病院の中に学校があるということなど)

(息子)「じゃあ、けけがたいへんな病気になったら、○○病院に行くんだねぇ」

(40代母)「けけは、赤ちゃんのときに○○病院に入院してたことがあるんだよ」

(息子)「エッ。なんで入院したの?」

(40代母)「赤ちゃんのときだけど、おっぱいがうまく飲めなくて体重が増えなくて、入院したんだよ」

(息子)「へー。知らなかった。それでどうだったの?」

(40代母)「入院して、ミルクを飲むようになって、すごくよく飲んだからふとって退院できたんだよ」

(息子)「そうかー。だからいま、ここにいるんだね」

(40代母)「うん」

わたしはなんでもないことのように話してみせたけど、すごくつらかったんだぜ、という話です。

ゆるし、があるとしたら、こーいうことなのかもしれないなー、と。

責めがあって、許しがあるとするならば、こんななのかなァ、と。

責めているのは自分、許すのも自分しかないんですけど。

いま、ここにいる息子を見つめていようではないか、と。

そんな気持ちになれたわけです。

ではまたー。

トップへ戻る